2017年7月5日水曜日

2017.07.05 渡辺和子 『どんな時でも人は笑顔になれる』

書名 どんな時でも人は笑顔になれる
著者 渡辺和子
発行所 PHP
発行年月日 2017.03.29
価格(税別) 1,000円

● 著者の最後の著作。

● 同じことを別の人が書いても,これほどの説得力は持たないのではないか。著者が言うから,そうなのかと納得する。
 問題は,納得したところで終わってしまうってことなんだけどね。

● 以下にいくつか転載。
 「神も仏もあるものか」と言いたくなるのは,こういう時です。ところが,実は,「求めること,捜すこと,戸を叩くこと」もたいせつですが,それに応えて与えられるものを謙虚に“いただく心”のほうがよりたいせつなのです。(p3)
 祈ることはたいせつなことです。しかしながら「願う前に,その必要とするものを知っておられる」天の父は,人間が願ったことをそのまま叶えることをもって,ご自分の,その人に対する愛の証しとはなさらないようなのです。なぜならば,私たちはいつも“欲しいもの”を願っているからであり,神様が私たちに叶えてくださるものは,“必要なもの”だからだと思います。(p71)
 他人にすぐれようと思うな 他人とちがった人間になれ(p20)
 苦しみについて評論家めいたことが言えたり,苦しみの正体をあれこれ詮索したりしているうちは,まだ自分に余裕がある証拠であって,苦しみのさなかに入ってしまうと,ただもう生きることで精一杯になってしまい,気がついた時には,苦しみはいつの間にか自分の後ろにあったように思います。(p33)
 履歴書を書かされる時,必ずといってよくほど学歴と職歴が要求されます。しかしながら,もっともたいせつなのは,書くに書けない「苦歴」とでもいったものではないでしょうか。(中略)苦歴は,その人だけのものであり,したがって,その人を語るもっとも雄弁なものではないかと思うのです。(p34)
 お金にならない時間,得にならない時間,その意味では無駄と思える時間の中にしか愛情は育たないということです。(p56)
 他人から受ける不当な扱い,誤解,不親切,意地悪等から全く自由になりたい,なれるはずだと思うことは,すでに人間としての「分際」を忘れた所業である(p59)
 人間はどんなに多くの言葉を費やして語り明かしたとしても,寝食を共にしたとしても,なお理解し合えず,理解し尽くせないものを持つのです。(中略)私たち一人ひとりには不可交信性という部分があって,また,それがあるゆえに「知り尽くしていない」相手に対しての尊敬が生まれ,「知り尽くされていない」自分についての淋しさと同時に誇りが残るのです。(p131)

0 件のコメント:

コメントを投稿