2017年5月22日月曜日

2017.05.22 清水克衛監修 『本屋さんがくれた奇跡』

書名 本屋さんがくれた奇跡
監修者 清水克衛
発行所 イースト・プレス
発行年月日 2010.11.15
価格(税別) 1,300円

● プロローグを含めて9話。9人がそれぞれ,1冊の本によって救われたという寓話が9つ載っている。

● その9冊は以下のとおり。
 山本一力『だいこん』光文社文庫
 池間哲郎『懸命に生きる子どもたち』JAN日本アジアネットワーク
 池田繁美『素心のすすめ』モラロジー研究所
 喜多川泰『「福」に憑かれた男』総合法令出版
 丸山浩路『本気で生きよう! なにかが変わる』大和書房
 植松 努『NASAより宇宙に近い町工場』ディスカヴァー21
 丘 修三『福の神になった少年』佼成出版社
 椋 鳩十『感動は心の扉をひらく』あすなろ書房
 植西 聰『宇宙銀行』サンマーク出版

● 現実に本書に書いてあるようなことが起こりうるか。それはまず,あり得ない。だから寓話ということになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿