2017年4月27日木曜日

2017.04.25 松宮義仁 『A6ノートで仕事を超仕組み化しなさい』

書名 A6ノートで仕事を超仕組み化しなさい
著者 長谷川慶太郎
発行所 徳間書店
発行年月日 2009.09.30
価格(税別) 1,400円

● 巷間有名な(でもないのか)「PDCAサイクル」に替えて「LDSPサイクル」を提唱。PDCAは「Plan-Do-Check-Act」。それに対してLDSPは「Learn-Do-See-Plan」。
 PDCAというのは,ぼくも社会人になった初期に研修で聴いたことがあるけれども,最初にP(計画)があるのには違和感があった。その対象について知るところが皆無の状態で,どうして計画を作れるのかってこと。

● それに対して著者が出した解答がLDSPで,まずはL(学習)があり,実際にやってみて,その結果と過程を評価する。この場合の評価は二度目の学習だという。評価だからSeeなんだろうけど,二度目の学習という意味でStudyであるとも言っている。
 で,最後にP(計画)があり,以後はそのサイクルを回していく。

● が,こうしたサイクル論に惹かれないのはどうしてなんだろう。なるほどねとは思うんだけど,実際にやってみようとは思わない。めんどくさそうだからかね。

● ちなみに,本書にはA6ノートの話はほとんど出てこない。

● 以下にいくつか転載。いずれもサイクル論とは関係ないもの。
 「仕組み化」というと,一つの決まりきったやり方を作りあげて,後はそれを未来永劫,続けていけば良いといった印象があります。しかし,それは夢物語であり,一度つくったらおしまいなどということは,特に,ビジネスの世界ではまずありません。(p1)
 一言で言うなら,世代間ディスコミュニケーションが進み,同世代だけが集まり,世代が異なると,まったく情報が交換されないということです。(中略)勢い,つい本だから知識を得て,「知るだけで満足する」という傾向(勉強本ブーム)が進んだのも同じ背景があるかも知れないと思います。(p71)
 読書にもいろいろありますが,サイクルを回すための「学習」にとってもっとも効果的なのは「同ジャンル多読」です。(p121)
 行動することで成果を出す人,出せない人の違いは,完璧を求めるか,求めないかにあります。「完璧な計画」を立てようとする人よりも,「不明確な計画」,計画は完璧ではないけれども,まず行動に移している人,そういう人のほうが,結果的に成果を出していることが多いのです。(p133)
 タスクを整理するために,「ToDoリスト」もよく使われますが,(中略)これは行動の先延ばしでしかありません。スケジューリングができないからです。束の間の心理的な安心感が生まれるだけで,結果的には「できないことリスト」になりがちで,かえってストレスになってしまいます。(p138)
 個人の場合は,誰かに「教える」ことが,最高のフィードバックを得る方法です。教えることで自分の記憶にもしっかり刻まれ,内容も人に説明する機会が増えるほど,ブラッシュアップされていきます。(p152)

0 件のコメント:

コメントを投稿