2017年1月31日火曜日

2017.01.31 中牟田洋子 『モレスキンのある素敵な毎日』

書名 モレスキンのある素敵な毎日
著者 中牟田洋子
発行所 大和書房
発行年月日 2016.09.30
価格(税別) 1,400円

● モレスキンユーザーはモレスキンをどう使っているのか。それを取材したもの。もちろん,絵になる使い方でなければならない。そうでないと本にしずらい。
 というわけで,カラフルな使い方をしている人たちが多く登場する。その多くは女性。色鉛筆で絵日記を描いていたりとか,旅ノートを作っていたりとか。

● 貼る派の人ももちろんいる。趣味で集めた切手を貼っている人もいるし,食べ物のラベルを貼っている人もいる。
 貼るというのは,描くとともに,ノート術(?)の鉄板になっている感があるね。

● ただし,モレスキンならではという使い方はたぶん存在しない。ここで紹介されている使い方の多くは(というか,ほとんどは)『ほぼ日手帳公式ガイドブック』にも出てくるし,MdN編集部編『新 手帳で楽しむスケッチイラスト』とも重なるところが多い(ように思う)。
 つまり,ここで紹介されている使い方はどんなノートでもできるものだ。逆にいうと,モレスキンを使っていない人にも役に立つ(かもしれない)。

● モレスキンの特徴の第一は高価なこと。が,高価だといったところで,ノートだからね,値段など知れたものだ。
 モレスキンがこれだけ売れているのは,普通の人が買っているからだ。ここに登場するユーザーさんたちも,また然り。

● ぼくなんかは高価だってところに幻惑されて,これだけ高いのでは使えるのは特別な人たちに限られると思ってしまいがちだ。
 が,そんなことはないんだね。使いたければ誰でも使っていいんですよ。あたりまえのことだけど。

● また,高いからといって特別な使い方をしなくたっていいわけだ。普段使いで使えばいい。
 ちょっと話はずれるかもしれないんだけど,ぼくは恥も外聞も捨てたダイスキンユーザーだ。そのダイスキンに対して,横罫だけじゃなくて無地と方眼も出してくれという意見をしばしば耳にするわけですよ(ネットでね。目にするといった方がいいのか)。
 でね,あなたね,無地だ方眼だって騒ぐほどの使い方をほんとにしてるんですか,とか思ってしまうわけですよ。

● でも騒いでいいんだよね。これまた,あたりまえのことだけど。使い方の水準が幼稚園レベルだろうと小学生レベルだろうと,そんなの関係ないんですよ。
 無地や方眼にこだわっていいんですよ。些細な好みを口にしていい。
 同様に,高価なモレスキンを好きなように使っていい。使いたいように使っていい。
 というようなことを,この本を読みながら思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿