2016年10月16日日曜日

2016.10.14 疋田 智 『電動アシスト自転車を使いつくす本』

書名 電動アシスト自転車を使いつくす本
著者 疋田 智
発行所 東京書籍
発行年月日 2016.08.18
価格(税別) 1,500円

● 電動アシスト自転車は,今や原付バイクよりはるかに売れているらしい。疋田さんが仰るように原付よりずっとエコなんだろうけど,電動アシストといえども自転車なんだから,たぶん歩道を走るよなぁ。
 こんなのが歩道を走って危なくないのかと,まずは思ったんだけど。

● そこも含めて電動アシスト自転車のメリットや可能性を,いろんな方面から分析していく。ぼくは田舎に住んでいるものだから,特に地方の高齢者にとって福音であると説くところに惹かれた。

● 以下にいくつか転載。
 ふと気づくと,周囲の自転車(主にママチャリ)が少しずつ電動アシストに入れ替わっていることに気づかないだろうか。静かだが,しかし,何か力強いものが,そこには息づいている。大げさにいうと,交通社会が変わりつつある。(p2)
 現在,高齢ドライバーがさまざまなところでシリアスな事故を起こし,問題になっている。しかし彼らからクルマを取り上げることなどできない。日本の地方においてそれは完全なライフラインだからだ。だが,もしも電動アシスト自転車が,クルマ需要の大部分を肩代わりできるなら。 事故のシリアスさが減じるだけではない。自転車はそれ自体,ボケ防止になるし,クルマに比べるとはるかに健康との親和性が高い。そして電動アシストならば,高齢者といえど,無理なく走れるのだ。(p6)
 日々,会社まで自転車通勤する私にとって,目の前の東京という街は,一気にフラットな街となった。ほんの少しの「電動アシスト」という力を得ただけなのだ。(p8)
 デザイン全般に言えることだと思うけど,若い女性は「いかにも女性用」「これってフェミニンな感じでいいでしょ?」なんてものにはノラないと今さらながら思う。(中略)本気で考えた上で決まったデザイン「こういう必然からこうなった」「これが本格派なのだ」というものにこそ反応する。このことは,あらゆるマーケティングのヒントになるものと,私は考えている。(p23)
 ルールを守れば安全は後からついてくる。これもひとつの事実だ。もしそれが「自分だけが守る」という状態であっても,効用は変わらない。(p69)

0 件のコメント:

コメントを投稿