2016年6月30日木曜日

2016.06.30 本田直之・松村太郎 『本田直之式ハッピーワークスタイル』

書名 本田直之式ハッピーワークスタイル
著者 本田直之
   松村太郎
発行所 毎日コミュニケーションズ
発行年月日 2010.08.26
価格(税別) 1,580円

● まず,いくつか転載。
 ウィンドウズは,どちらかというと作業系,エンジニア系のパソコンという印象があります。それに対してMacは,「ライフスタイル」を提供してくれるパソコンだという印象を強く受けるのです。これはきっと,僕一人の印象ではないと思います。ハワイ,カリフォルニア,ニュージーランドなど,海があって,一人一人がライフスタイルをしっかり持って生活しているような場所に行くと,やはりみんなMacを使っているのです。(p4)
 個人がサバイバルしていく時代では,MacやiPhoneをクラウドサービスで連携させていく方法がとてもフィットすると思います。デザインがよく,操作性に優れたMacは,個人のクリエイティビティを引き出してくれます。そしてクラウドサービスを利用することで,Macがオフィスに,iPhoneはいつもそばにいる秘書になってくれます。(p5)
 クリエイティブな作業では,行や文章にとらわれながらデジタルでアイデア作りをするよりも,気に入ったノートに描きやすいペンで書いていくほうがやりやすいと思います。(中略)種まきはアナログのほうがよいのですが,ここから先はデジタルでなければうまくいきません。(p166)
● つまり,パソコンはMacが,スマホはiPhoneがいいよ,というApple製品のすすめだ。あとは,こまかいノウハウの紹介。
 なので,見出しを見ていくだけにとどめた。

● 本田さんはMacに変えてまだ間もない。本当はもっと早くMacにしたかったのだけれども,奥さんがマイクロソフトに勤めていたものだから,彼女の独立を機にMacにしたそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿