2016年5月21日土曜日

2016.06.21 番外:自転車カスタム&ドレスアップBOOK

編者 鈴木喜生
発行所 枻出版社
発行年月日 2010.03.30
価格(税別) 1,200円

● カスタムというのは,病膏肓に入った者が最後に辿りつく道楽であるかもしれない。新車を買ったほうが安くつくんじゃないかと思える場合であっても,カスタムにこだわる人が,たぶんいるのだろう。

● このムックでも実際のカスタム例がいくつも紹介されているんだけども,記事を作るためのカスタムというか,カスタムのためのカスタムというか,そういうのがけっこうあった。
 そうじゃなくても,たとえば「ロードバイクを本格旅仕様にカスタム!」すれば,あたりまえだけれども,ロードバイクの軽さは消滅する。ロードバイクはそのままにして,ツーリング車を買ったほうがいいのじゃないかと思わないでもない。

● 「700Cをインチダウンしてマットガードをつける」のは,でも,昔からあるカスタムの代表例であるらしい。
 今どきのカーボン仕様のロードバイクではそんなことはできまいから,クロモリであることが条件になるんだろう。

● 作業の仕方も写真入りで解説されているんだけど,ここは熱心に見る気にならない。自分でやれるようになるとはとても思えないから。プロに任せるしかないわけでね。

0 件のコメント:

コメントを投稿