2016年5月17日火曜日

2016.05.17 田村 浩 『頭脳で走るロングライドの実践術』

書名 頭脳で走るロングライドの実践術
著者 田村 浩
発行所 誠文堂新光社
発行年月日 2015.04.13
価格(税別) 1,500円

● ぼくは自転車乗りとしてはまったくのヘタレだけれども,いつかはブルベに挑戦したいと思っている。実際にするかどうかはわからないけれども,思うだけは思っている。
 その際に,最も参考になるというか,役に立つノウハウを与えてくれるのが,田村さんの著作群だ。

● 何が一番ありがたいかというと,ブルベを完走するには体力なんかどうでもよくて,大事なのはクレバーさなんだよ,と言ってくれるところ。
 でもって,そのクレバーの中身を説いてくれるところだ。

● それを転載すると,次のようなことになる。
 「速さ」を追求すると,必然的にサイクリングは競技となり,勝ち負けのあるレースとなる。(中略)一方で,「距離」は誰もが追求できる目標であり,走る目的だ。競う相手がいるとすれば,それは過去の自分だけ。(p11)
 自分が気に入って,一日中でも乗っていたいと思える自転車があってはじめて,ロングライドの世界の扉が開ける。まずは自転車ありきだ。(p19)
 シティサイクルなどを例外にすれば,自転車による差(発揮できる平均時速や所要時間)は,わずか5%程度だという説がある。たかが5%と思うか,されど5%と思うか・・・・・・。(p27)
 サイクリングの場合,おもな目的は走ることそのものだから,目的地よりも走る道そのものが重要になる。(p68)
 走った距離を人に伝えると,「うわ~すごい体力あるんですね」と言われることもある。いつも面映ゆくて,本当にただのオヤジなんですよと,お詫びしたくなる。体育はずっと「2」だったし,不摂生だし喫煙者だし(中略)。体力はあるに越したことはないと思うけれど,その乏しさを補う方法を考えるのも,意外と楽しい。(p79)
 平均時速と巡航速度の間には,10㎞くらいの開きが生じるのが当たり前だ。この課題は,多少の脚力の向上や,ましてや根性では解決できない。(p107)
 時速35㎞以上を発揮すると,出力の大半は空気抵抗で消えてしまう。そのため,最高速度を上げるのは特に困難で,遅く走っている時間を短くしたほうが効率がよい。一番効果的なのは,止まっている時間を減らすことだ。(p109)
 完走するために,身体的なトレーニングが必要ないこともブルベの魅力だ。週末に一度走るくらいのレベルでも,自転車に乗り馴れてさえいれば,十分に完走が狙える。体力よりもプランニングと装備が結果を左右するのは,ロングライド全般に共通する特徴だろう。(p136)
 レインウェアは,ジャケット,パンツ,グローブ,シューズカバーそれぞれが必要。ひとつでも欠けると,効果が半減する。(p144)

0 件のコメント:

コメントを投稿