2016年4月29日金曜日

2016.04.11 番外:ヴィンテージ・ロードレーサー そのフォルムは今だからこそ美しい

編者 鈴木喜生
発行所 枻出版社
発行年月日 2012.04.30
価格(税別) 1,500円

● フォルムの美しさっていうと,たいてい昔のランドナーが引き合いに出されることが多い。それに対して,いや今のロードバイクだってかなり美しいだろうよ,と突っ込みながら見ていくことになる。
 本書に登場する「ヴィンテージ・ロードレーサー」もランドナーっぽい。ランドナーからマットガードを外しただけっぽい。見た目は。

● ヴィンテージは見て愛でるものかなぁ。実際に乗るんだったら,今どきのロードの方がいい。
 現に乗っている人もいるんだけど,そこから感じるものは,こだわりのほかに,かすかな愚鈍さ。これはつまり,ぼくが悪意をもって眺めるせいかもしれないんだけど。っていうか,そうなんだと思うんだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿