2016年3月10日木曜日

2016.03.03 林 真理子・見城 徹 『過剰な二人』

書名 過剰な二人
著者 林 真理子
   見城 徹
発行所 講談社
発行年月日 2015.09.29
価格(税別) 1,300円

● 宇都宮駅ビルの八重洲ブックセンターで購入して,しばらく読まないでいた。読み始めてみれば一気通貫。第一級の人生訓が収められている。

● 見城さんがしばしば書いていることが,本書にも登場する。
 彼らとの付き合いが深まるにつれ,僕ははっきりとあることを自覚した。それは,「この人たちは,書かずには生きていけない」ということだ。彼らは自分の中に,侵み出す血や,それが固まったかさぶたや,そこから滴る膿を持っている。それらを表現としてアウトプットしなければ,自家中毒を起こして死んでしまうのだ。 それだけのものは,僕にはない。書かなくても,僕は生きていける。(見城 p48)
 創造するとはどういうことか。創造には何が必要なのか。それをここまで簡潔明瞭に解き明かしている文章を,ぼくはほかに知らない。

● 以下に,長すぎるであろう転載。
 小説は,文章描写の芸術である。しかし,ただの描写ではいけない。細部を描くことによって,人物なら人間性や肉体を感じさせ,その人の人生まで表現しなければならない。(見城 p56)
 細部にこだわることの大事さは,小説に限らないと僕は思う。ビジネスもそうだ。ビジネスとは一般的に,合理的な経済活動と思われている。そのため,人間的な要素を軽視する人が少なくない。しかし,ビジネスは,何よりまず,人間の営みである。それは多くの感情的な細部から成り立っている。(見城 p58)
 僕はとにかく,才能のある人間が好きだ。僕が編集の仕事をしているのも,いろんな才能に出会えるからだ。(中略) すべての素晴らしい作品は,たった一人の熱狂から生まれるのだと思う。逆に,熱狂のないところに,創造はない。熱狂のないところから出てきた作品は,結局,人の心に響くことはないだろう。(p67)
 匿名のジャーナリズムなど,ありえない。匿名である限り,ネットが正当性を認められることは,絶対にない。(見城 p75)
 人間は,便利さがすべてではない。僕などは,劣等感をバネにして仕事をし,生きてきた。もし僕の少年時代からネットがあり,そこで憂さ晴らしをしていたら,僕の人生はもっと薄っぺらなものになっていただろう。 人間は,負のエネルギーを溜めなければだめだ。それが醸成されて,何かを成し遂げ,人生を豊かにできるのである。(見城 p76)
 仕事の一番重要な点は,嫌なことでも我慢しなければならないこと。給料は,ガマン代と言っていいでしょう。この我慢が,忍耐力という,生きてゆく上で何より大事な力を身に付けさせてくれるのです。(林 p84)
 若い頃は,モテたい気持ちが強かったが,年齢を重ねると,そうではなくなったと言う人がいる。そういう人は,仕事に対する意欲も落ちているのではないだろうか。僕はいつまでも女性に振り向いてもらうために,仕事を頑張り続けたい。(見城 p88)
 自己顕示欲が,仕事の原動力になるのは,間違いない。しかし,それだけではだめだ。僕は,一方で,同じ分量の自己嫌悪が必要だと思う。(中略)自己顕示と自己嫌悪の間を揺れ動くから,風と熱が起きる。それがその人のエロスであり,オーラなのだ。(見城 p88)
 仕事は,あくまで生活の手段であり,家族との時間など,プライベートを充実させることが,人生の目的だと言う人もいる。僕には,そのような仕事との向き合い方が信じられない。(見城 p90)
 僕は角川書店の社員の中で,一番稼いでいたと思う。入社1年目から退職するまで,それは続いた。誰よりも仕事をしている自信もあった。ギリギリまで頑張っている手応えが,僕を支えていた。(p121)
 仕事のできる人には特徴があります。それは,見た目がシンプルだとうこと。(中略)私は,プロとアマチュアの違いとは,無駄の差だと思います。プロはとにかく無駄がありません。これは女性の場合,とくに顕著です。ファッションや立ち居振る舞いがすっきりとし,どことなく引き締まった感じがします。(林 p123)
 私自身,型やスタイルの大切さに気付いたのは,大人になってからです。日本舞踊を始めたり,着物を着るようになったりして,ようやくわかりました。姿勢がよくなったり,動作ががさつでなくなったり,見た目がよくなることは,大変な自信を生みます。(林 p126)
 僕自身,仕事のできる女性には,とても魅力を感じる。仕事とは厳しい半面,正直でもある。打ち込めば,必ず実りがある。そこに,男女の違いはない。(見城 p131)
 人の心をつかむには,努力しかない。それもただの努力ではない。自分を痛めるほどのものでないと,意味はない。この痛みが,人の心を動かすのだ。自分を痛めない表面的な努力では,決して人の心はつかめない。(見城 p143)
 売れるコンテンツには4つのポイントがある。オリジナリティ,明快,極端,そして癒着である。僕はこれを,「ベストセラー黄金の4法則」と呼んでいる。(見城 p151)
 自分が生きるべき場所への嗅覚が,働いたのだと思います。この嗅覚は,誰にでもあるのではないでしょうか。ただし,自信のある時しか働きません。そのためにも,自信を持つことは,とても大事だと思うのです。(林 p155)
 僕は編集という仕事を選んで,本当によかったと思う。とりわけ僕は,相手が書きたくないものを書かせることに,心血を注ぐのが大好きだ。編集者の一般的なイメージは,作家から原稿を受け取り,それに赤を入れて本にするというものだろう。間違いではないが,ほんの一部でしかない。それよりもっと大事なのは,作家に刺激を与えることだ。(見城 p161)
 何でもいい,自分が好きで,熱狂できるものを仕事にしなければダメだ。熱狂していれば,苦痛はもとより,退屈も虚しさも感じない。そこから必ず,結果という実りが生まれるのだ。 これはとても大事なことである。好きではないことを仕事にしても,本当にいいものが生まれるはずがない。それは人生という限りある貴重な時間の,とてつもない空費である。(見城 p162)
 日本人は,野心を剥き出しにすることを嫌います。「分相応」「身の程を知る」といった言葉も,そうした土壌から生まれたのでしょう。それは建て前にすぎません。建て前を鵜呑みにしてしまっては,損をするのは自分です。 人は常に上を目指していないと,充足感のある人生を送れないのではないでしょうか。「身の程」を知りすぎることは,この充足感を奪ってしまいます。(林 p187)
 私は,運命の正体を知っています。それは意志なのです。(中略)その人はチャンスに,間違いなく自分から近づいて行ったはず。それが運や運命と言われるものの正体ではないでしょうか。運は,自分からつかみに行こうとすれば,必ずつかめます。(林 p194)
 運と意志は,相乗効果を起こします。強い意志を持つ人のところに幸運は,やってきます。するとその人は,ますます強い意志を持つことになるのです。逆に,運はいったん離れると,どんどん遠のいてしまう。(林 p197)
 いい結果に導くのは,どこまでも努力である。努力とは,意志の持続のことだ。多くの人は,簡単に諦めすぎだと僕は思う。(見城 p199)
 僕が会社を始めた時,出版界はすでに斜陽だった。死んでもいいと思うくらいの覚悟がなければ,始められなかったのだ。出版界が下り坂であることを,僕は逆手に取ろうと考えた。(中略)逆風だからこそ,圧倒的努力をして結果を出せば,鮮やかに見えるのだ。(見城 p200)
 「ゆとり教育」とは,個性は余裕の中から生まれるという考え方だと思いますが,私はまったく逆だと思います。個性は厳しさの中からはみ出そうとして生まれるものだと思います。甘やかしの中からは生まれません。(林 p227)
 仕事が,滞りなくすらすらと進んでいるとしよう。たいていの人は,安心するだろう。しかし,僕は,かえって不安になる。そのスムーズさこそ,危険の兆候にほかならない。スムーズに進んでいるとは,自分が楽をしているということだ。そんな時,僕はより辛いほうへ,より困難なほうへと舵を切る。当然,負荷が生じるが,それがいい仕事の実感なのだ。(見城 p231)

0 件のコメント:

コメントを投稿