2016年1月7日木曜日

2016.01.04 美崎栄一郎 『こんどこそ! やめる技術』

書名 こんどこそ! やめる技術
著者 美崎栄一郎
発行所 あさ出版
発行年月日 2010.07.29
価格(税別) 1,200円

● よく,“はじめに人が習慣を作り,それから習慣が人を作る”と言われる。良い習慣を作り継続することが重要だけれども,悪い習慣をやめることがさらに重要だろう。
 何をするかよりも,何をしないか。そちらが重要だ。

● そこで本書の登場。が,本書をもってしても,よろしくない習慣を断ち切ることはなかなか困難でありましょうね。

● 以下にいくつか転載。
 写真を現像に出すと付いてくるミニアルバムが便利です。そこに写真のようにレシートを入れるだけ。30枚くらい入るので,1日1シート,1冊でちょうど1ヵ月。12冊で1年の家計簿です。 透明なフィルムなので大体見えますけど,ざっくりと使った合計金額を暗算して,マジックで「2000円くらい」と書いておけば,それで家計簿の出来上がり。(p81)
 誰人も見られていないところで継続できる人は,なかなかいません。芸能人やモデルがスタイルを維持できるのは,「見られる仕事」をしているからです。(p86)
 どうでもいい内容なのに,そうとわかっていても,ついついテレビを見続けちゃう。それは,くだらないことをおもしろく伝えてくれるのがテレビの役割だからです。(中略)できるビジネスパーソンは,ほとんどテレビを見ないといいます。ホントかなと思いますが,テレビの現場で番組を作っている人もテレビをほとんど見ないそうです。(p89)
 ストレスは伝播していきますから,自分がストレスを溜めたら,自分のところでストレスを解消しておかないと周りの人に伝わってしまいます。(p105)
 悪口が言いたくなったら,ストレスが溜まったアラーム。そんなときは,まず体を動かしてみましょう。そして,そのストレスの連鎖,悪口の連鎖をあなたのところで止めてくださいね。(p202)
 忘れちゃいけないと頭で考えるより,考えないでもいいしくみを作ること。(p114)
 (すみません,という言葉に関して)感謝の気持ちと謝罪の言葉が一緒なんて・・・・・・。何だか「とりあえず感」がありませんか?(p123)
 得意分野は好きじゃなければ生まれてこない(中略)どんなにつまらないことでもいいから,好きなことを追求すること。(p139)
 商売じゃないなら,お返しは一切期待しちゃいけません。そう,一切です。(p167)
 レストランで私がやっている習慣は,必ず人の注文と違うモノを注文するということ。(中略)次は,誰よりも速くメニューを頼むことができるように,即決する練習。(中略)大丈夫,失敗しても,美味しくない料理を食べるだけですから。(p184)
 冷静に考えてみてください。世の中には,いろんな代替物が転がっています。A社のパソコンを使わなくても,N社のパソコンを使うことができます。A社の携帯を使わなくても,S社の携帯もありますよね。 そうです。あなたをいう選択肢を選ばなくても,ほかの人に頼むという選択肢があるのですよ。残念ながら,あなたが思うほど,あなたしかできないことはありません。(中略)世の中って,そういうものなんです。(p216)

0 件のコメント:

コメントを投稿