2015年11月30日月曜日

2015.11.30 指南役 『情報は集めるな!』

書名 情報は集めるな!
著者 指南役
発行所 マガジンハウス
発行年月日 2010.03.25
価格(税別) 1,300円

● この情報過多の時代に情報を集めようなんて,やってることが真逆だよ。そんなこと,やめちゃいなよ。インターネットもいいけど,それほど使えるものじゃないからね。
 というような内容。

● 何より,体験だよ。面白い体験をたくさんして,それに引っかかってくるものを拾っていけばいいんだよ。あと,メモって大事だからね。
 そういうことが書かれている。 

● 以下にいくつか転載。
 一昔前の情報整理術なんて役に立たない。やれハーバード式だ,やれ超整理法だと言っても,それらのノウハウは,情報の総数がかろうじて把握できた時代の話。それが天文学的数字にまで膨らんでしまった現代にあっては,その種の作業は時間だけがやたらにかかり,終わりが見えない。(p3)
 アイデアを生み出すために一番確実な方法は,面白い演劇を見たり,話題のレストランに行ったり,新進気鋭の研究者の話を聞いたり,とにかく多種多様な経験を積むこと。そうやって知識の量が増えれば増えるほど,アイデアが降臨する機会も増える。断言していいけど,何も見聞しないでアイデアが閃くことは絶対にない。(p17)
 この世にアイデアマンなんていない。そう思われている人がいたら,気の遠くなるような努力を積み重ねている人である。 0から1は生まれない。「面白い」と思える体験をどれだけ積み重ねているか。それがアイデアマンと凡人との境界線になる。(中略)逆に言えば,記憶のストックがなければ,ある分野において有用な情報を探そうとしても,それは雲を掴むような作業になる。(p18)
 恐らく僕はそれまでに何度も同じ種類の情報に出会っている。でも,その時は必要に迫られていなかったので,見過ごしていた。必要になって初めて,その情報が目に見えたのである。(p24)
 あなたが欲する情報はこの世に氾濫し,常にあの手この手であなたにアプローチしている。情報を入手するのに,わざわざ外国に出かけたり,学者先生に話を聞く必要はない。興味さえ持てば,あなたが欲しい情報は,あなたの手の届くところにある。(p27)
 人間というのは基本,出し惜しみが苦手である。200ページのビジネス書を書くとしたら,筆者は自分の知識を早く披露したがるので,大抵,最初の章に書いてしまうことが多い。(p58)
 僕はあんな風に気軽に質問できない。何か壁にぶつかったら,つい自分で解決しようと思ってしまう。でも,人に聞いたほうが手っ取り早いし,そのほうが解決に結びつくケースも多い。個人の力など,たかが知れているからだ。(p83)
 ネットというのは膨大な情報があるようで,その実,コピー&ペーストが大半。(p84)
 「サロンから文化は生まれない」という言葉がある。同好の士が集まったところで,そこから斬新な何かが生み出せることはほとんどないという意味。なぜなら,独創的な情報や才能を持っている人物など,ほんの一握りしかいないからである。(p110)
 現場の空気は,毎日オンラインで本部に上がってくる売上げのデータからは見えてこない。お客さんの顔やスタッフとのやりとり,お店の特徴などは,頻繁に現場に足を運ばないと見えてこない。それができるのは,時々,店に顔を出す本社の役員ではなく,四六時中店に貼り付いている店長である。(p116)
 東京の情報は地方の人間に聞くに限る。東京に目が向いている地方の人間は,出張などの際,限られた時間を有効に使おうと,常に最新のデータが上書きされている。ダラダラと東京で生きている人間よりも,遙かに東京に精通している。(p125)
 歴史を紐解くと,アメリカの米西戦争やナチスの政権獲得なども,民意の強力な後押しで成されている。権力者が暴走したわけじゃない。民主主義において,国民は常に正しい選択をするとは限らない。(p126)
 あなたのことを一番よく知るのは,多分,あなたじゃない。あなたの友人であり,恋人であり,家族である。(p131)
 書けない日もある。書きたくない日もある。そういう時はどうしたらいいか? チャンドラーはこう言っている。「たとえ一行も書けなくても,とにかくそのデスクの前に座りなさい。デスクの前で2時間じっとしていなさい」 ペンを持って書く努力をしなくてもいいが,その代わり,他のことをしてはいけない。(p140)
 「聖書,ギリシャ神話,ウィリアム・シェークスピアの戯曲の中で,人類の本質的な物語は全て語られている」「それにもかかわらず,それらの根本的なプロットには数千のヴァリエーションがあり,我々は様々な形式や登場人物を使って偉大なストーリーが何度も何度も語られるのを聞くことに,けっして飽きることはないようである」(p145)
 何か新しいことを始めたい時,何も前を向いて最新の情報に目を光らすことはない。後ろを向いて,先人たちの優れた古典を紐解けばいい。(中略)どだい人間の想像力など,たかが知れている。あなたがオリジナルのアイデアと自画自賛していても,大抵,先人も同じことを考えている。(p148)
 どうやって,それらの情報を集めているかって? これが,何もしないのだ。(中略)日々,いつも通りの生活を送るだけ。しかし,それだけで,自然とネタが天から降ってくるのだ。ウソじゃない,本当だ。あとは,それをメモればいい。(p157)
 エジソンやアインシュタインなど,天才と言われた人たちの多くはメモ魔だった。(p157)
 「ちょっとトイレ。あとでメモるから」「お茶を一杯。メモはそのあと」-などと悠長なことを考えていると,間違いなく忘れる。たとえ午前3時であっても1秒後にメモらないと,間違いなくあなたはその他の場面でも同じような過ちを繰り返す。(p162)
 メモはできる限り,詳しく書いたほうがいい。単語の羅列は,その時は理解できても,後で読み返すと理解できない。(p162)

0 件のコメント:

コメントを投稿