2015年11月30日月曜日

2015.11.29 伊藤まさこ 『東京てくてくすたこら散歩』

書名 東京てくてくすたこら散歩
著者 伊藤まさこ
発行所 文藝春秋
発行年月日 2007.05.10
価格(税別) 1,143円

● 京都編に続いて,東京編を。こちらの方が先に刊行されているんだけど。
 東京は日本最大の観光地でもあって,見どころにはことかかない。その中から,吉祥寺,根津・谷中,二子玉川,田園調布・等々力,浅草,西荻窪,青山,本郷,築地,代々木上原,神楽坂が紹介されている。
 銀座や新宿,渋谷は出てこない。こうして並べてみると,東京の中でもしっとりしたところが選ばれていることがわかる。伊藤さんの好みなのか,版元の意向なのか。

● ぼくの好みはというと,名所旧跡や歴史的建造物よりも,近過去(?)の残存物-当時の人たちの生活の残り香が感じられるようなところ-か,思いっきり現代的な建物や施設に惹かれる。
 といって,具体的にここに行きたいというのはないのが困る。

● 京葉線の新木場で降りて,錦糸町まで歩いてみたいとか,上野を起点に谷根千あたりまでやはり歩いてみたいと思ったりはするんだけど。
 してみると,下町に惹かれているのかねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿