2015年11月28日土曜日

2015.11.22 吉野朔実 『吉野朔実劇場 本を読む兄,読まぬ兄』

書名 吉野朔実劇場 本を読む兄,読まぬ兄
著者 吉野朔実
発行所 本の雑誌社
発行年月日 2007.06.20
価格(税別) 1,300円

● 著者と平山夢明さんの対談。残酷について。ここから平山さんの発言を2つ転載。
 世の中絶対値の残酷っていうものが存在するじゃないですか。なんでこんなことがってほどに人智を超えた残酷が,たまに起きるでしょう。僕はそういうのが好きなんです。(p41)
 山田洋次の笑いって,日本人的な笑いというよりも,残酷の保証があって成り立っている笑いなんですよ。(p42)
● 1万円札に載せる肖像は誰がいいかという話題。手塚治虫がいい,と。これも,ぼくには出ない発想。

0 件のコメント:

コメントを投稿