2015年10月28日水曜日

2015.10.25 櫻井 寛 『宮脇俊三と旅した鉄道風景』

書名 宮脇俊三と旅した鉄道風景
著者 櫻井 寛
発行所 ダイヤモンド社
発行年月日 2013.03.08
価格(税別) 2,000円

● 著者が宮脇氏に随行して,カメラマンを務めたり荷物持ちをしたりしたことが,何度もあったらしい。それをあらためて回想したもの。本書のメインは著者が撮影した写真。特に,宮脇氏を撮った写真。

● 著者が随行したのは,海外の鉄道に乗りに行くときだった。いきおい,海外の鉄道や沿線風景の写真が多くなる。あと,アメリカが少し。

● ぼくも宮脇氏の作品はほぼすべて読んでいるはずだけれども,あらためて読み返したいとは思わないまま,現在に至る。
 新しいのがどんどん出版されるわけだから,なかなか昔読んだのを読み返すって方向にはいかないわけで。

● ちなみに,宮脇作品の中でぼくの特にお気に入りは,『汽車旅12ヵ月』と『台湾鉄路千公里』。当時,何度か読み返しているはずだ。
 特に『台湾鉄路千公里』はまだ貧しさを湛えていた頃の台湾の世相,風景がしみじみと染みてくるようでね。
 それに,宮脇さんがまだ鉄道(あるいは,鉄道について書くこと)に飽いていない時期で,宮脇さんとともに,阿里山のホテルにいた若い台湾人カップルの様子に感慨をおぼえたり,サトウキビ畑をトコトコと走る列車の車窓風景を愛でる気分に浸ることができた。

0 件のコメント:

コメントを投稿