2015年8月31日月曜日

2015.08.26 柴村恵美子 『天も応援する お金を引き寄せる法則』

書名 天も応援する お金を引き寄せる法則
著者 柴村恵美子
発行所 PHP
発行年月日 2015.09.07
価格(税別) 1,000円

● お金って,お金そのものが動くわけではありません。人の気持ちや行動に伴ってお金も動きます。そう考えると,「お金に愛される」ということは,「人にも愛されている」ことだとわかります。(p37)

● 私は,お金が落ちていたら1円や10円でも必ず拾います。なぜなら,拾ったお金は「ツキ金」だからです。(p41)

● お金からは豊かな波動が出ているので,その匂いを嗅ぐだけで「もっと稼ぐぞ!」という気になり,さらに働きたくなる効果があります。(中略)
 だから持ち歩くときでも,できるだけ多くのお金をもっていれば,それだけ「豊かな波動」を出すことができます。(p46)

● サッカー選手はサッカーのことが大好きで,サッカーのことをとことん調べて理解しようとします。
 それと同じで商人は人を相手にするので,人のことをとことん理解する必要があるんです。(p63)

● 相手を変えようとする行為は,相手の開けてほしくない「引き出し」を開けるようなものなのです。(p77)

● 自分のことをほめているといいところが引きだされて,自分の機嫌もよくなり,“気”も上がります。(中略)人が不機嫌なときっって,自分のイヤな面を引き出しているようなものです。(p88)

● 仕事や人間関係,そしてお金を稼ぐ場合にも感性が鈍いとうまくいきません。この感性のなかでも特に共感する力,つまり「共感力が最も大事だと私は思います。(p101)

● まずは「自分には価値があるんだ」という“心の豊かさ”がないと,相手の心に共感できないばかりか,物質的な豊かさを引き寄せることもできません。(p107)

● 「がんばらないといけない,がんばらない自分には価値がない」と思い込む,「がん価値症候群」の人が非常に増えているのです。(p110)

● なにより重要なのは,自分が言った悪口を一番聞いているのは自分自身だということです。そうすると,自分のことが好きになれなくなってしまいます。(p126)

● もらった恩を自分のところで止めてしまう人がいますが,一見そのほうが“得”に見えても,これは一番“徳”を失うことになるのです。(p137)

● お金をもてない人っているでしょ。お金に愛されない人。
 簡単に言うとね,そういう人は「お金に対する偏見を持ってる」んです。
 これを聞くとみんな,「自分はお金に偏見がない」って思ってるけど,あるんだよ。それが。
 そのお金の偏見っていうのが,「人の偏見」に出るんです。たとえば,「うちの上役は私より働いていないのに,私より高い給料をもらってる」とか,だれかがちょっとしか働かなくて,うんとお金を儲けているとするよね。それに対して,腹を立ててるんです。(p148)

● そういう人は「お金が余分に入ってくるようなことを許せません」っていう波動を天に向かって出していることになるんだよ。(p149)

● ほとんどの人は,「労働以外でお金が入ってくること」はいけないことだと思ってるんだよね。そうすると,「労働だけ」になっちゃうんだよ。(p159)

● 「不労所得がある」とか「臨時収入があった」っていっても,その金額が100円の人もいれば,100万円の人もいるんです。それぞれ桁が違うんだよ。
 なんで桁が違うかっていうと,「自分に対する価値観」によって,その大きさが決まるんです。(p162)

● 信ちゃんは「いい人」をやりすぎなんです。みんなから好かれようとしちゃダメなの。
 それでね,そういう人って反抗期がなかったんだよ。ちゃんとした反抗期を経験してないから,イヤなことでもなんでも,自分の中にしまい込んでしまうクセがついちゃったんだよね。
 だからこういう人は,「このクソババア!」って心の中で何回も唱えると,親の価値観から抜けられるようになるんです。(p169)

● 自分の価値観が低い人って,親の期待に応えられなかったの。それと「いい子」をやりすぎちゃったの。だからそれをやめればいいんだよ。(p170)

● 「お金は(一定の量しか)ない」と思っていると,その人の脳は,ないんだから集める気にはならないんだよ。
 人間の脳は怠け者なんです。新しい考えを嫌うんだよ。今まで通りにしているのが一番楽なんです。(中略)
 だから「お金はいくらでもあるんだ」。「そのあるものを稼げばいいんだ」
 これを覚えないと,ダメなんだよ。(p174)

● 最初はわからなくてただ勝つことだけ一生懸命にやってても,上になったときに嫌われるようなことをすると,「他力」が入らないんだよ。
 それから,社長とか立場が上の人になったら,自分ができることでもできないふりをしなきゃいけないときもあるんだよ。相手に「花を持たせる」ことって大事なの。(p179)

● 心にゆとりがないとダメだね、心にゆとりがないときって楽しいことを考えないんだよな。疲れているときほど,真面目なことを考えてるんです。面白くないときは,必ずくたびれてる。(p180)

0 件のコメント:

コメントを投稿