2015年8月15日土曜日

2015.08.11 トム・アンブローズ 『50の名車とアイテムで知る 図説 自転車の歴史』

書名 50の名車とアイテムで知る 図説 自転車の歴史
著者 トム・アンブローズ
訳者 甲斐理恵子
発行所 原書房
発行年月日 2014.09.20
価格(税別) 2,800円

● 蒙を啓かれたところがいくつもあった。
 ひとつは,マクミラン型ペダル自転車(p22)。世界初のペダル式自転車は後輪駆動だったってこと。でも,その後は前輪にペダルを付けた自転車が主流になる。っていうか,それしかなくなる。

● グーズリー・ペダーヤン。折りたたみではないけれども,デザイン的にモールトンを連想させる。モールトンもゼロからかの形を発想したわけではないのだなと思った。

● そのモールトンは「小さなホイールの高圧タイヤのほうが転がり抵抗が少なくなり,速度は増すと確信していた」(p143)と紹介されている。
 実際,レースで実績も出しているようだ。今は,大きくて細いホイールの高圧タイヤに軍配があがっているわけだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿