2015年7月21日火曜日

2015.07.18 カベルナリア吉田 『日本の島で驚いた』

書名 日本の島で驚いた
著者 カベルナリア吉田
発行所 交通新聞社
発行年月日 2010.07.31
価格(税別) 1,500円

● 『絶海の孤島』と同様に,日本の孤島(有人島)を訪ねる。本書はややジャーナリスティックに傾いている。その島の歴史についても解説する。
 が,この解説というのは以外に難しいものだと思う。場合によってはないほうがいいと感じさせることがある。

● 孤島ものというのは,紀行文のひとつのジャンルとして存在しているようだけれども,著者はそのパイオニアなんだろうか。
 とにかく,ぼくは初めて読むジャンルなので,へぇぇと思うだけなんだけど。

● 宿で晩飯を食べてから飲みに出かけるっていうパターンが,しばしば出てくるんだけど,晩飯を喰ってからでも飲めるのか。
 ぼくにはできない。体力の違いかもしれないけれども。
 てか,喰ってから飲むなんて,酒に失礼ではないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿