2015年6月29日月曜日

2015.06.27 和田良夫 『和田サイクルおすすめ 小径車の愉しみ方』

書名 和田サイクルおすすめ 小径車の愉しみ方
著者 和田良夫
発行所 ラピュータ
発行年月日 2010.10.25
価格(税別) 1,500円

● ミニベロやフォールディングバイクをカスタマイズして乗る人たちを紹介している。本体価格を上回るお金をかけてパーツを交換したり,付け加えたりする。
 それによって,走行が安定するとか,速度が出るとか,荷物を積めるようになるとか,具体的なメリットがある。が,そのメリットにコストが見合っているかといえば,大方の普通人は首をかしげるのではないか。

● 要するに,そういうことが好きだからやっているんだろうな。趣味の領域。こういうのって,自転車に限らず,オートバイとか車とかパソコンとか,それぞれにある。
 ぼくはデフォルトのまま,お仕着せで使っている。入れ込み度が浅い。つまり,普通人の一人。

● だけれども,それがどんな分野であれ,深くのめり込んでいる人たちって,どうしてこう魅力的なんだろう。
 魅力的な人たちの体験談だから,面白くないはずがない。

● ある人が次のように語っている。
 店の人と仲良くなるよう努めるのが,僕のポリシー。人とのつながりがあると,またそこへ行きたくなるでしょう。それがサイクリングの楽しみだと思いますから。だから,結局何度も同じ所へ行くことが多いですね(p95)
 ビジネスライクじゃダメだ。用が足りればいい,それ以上の言葉は要らない,という態度ではこうした楽しみを逃してしまう。社交性が必要で,そこを欠くのが自分の第一の欠点だと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿