2015年5月31日日曜日

2015.05.24 吉田友和・松岡絵里 『世界一周デート 魅惑のヨーロッパ・北中南米編』

書名 世界一周デート 魅惑のヨーロッパ・北中南米編
著者 吉田友和・松岡絵里
発行所 幻冬舎文庫
発行年月日 2014.04.10(単行本:2005.03)
価格(税別) 840円

● 結婚を機に勤めていた会社を辞め,607日に及ぶ新婚旅行に出かけた。本書はその後半篇。
 吉田さんはそれが初めての海外旅行だったというから,たぶん相当な幸運だった。まっさらの状態で,いきなり607日間の世界一周を体験できたわけだから。これだけのビッグイベントになると,事前になまじな体験があると邪魔になるだろう。

● 物怖じしない性格さえあれば,旅行に語学力は要らないんだと思う。では,誰でもこういう旅行をできるのかといえば,そうはいかない。
 少なくとも,新婚旅行のために会社を辞めることが,普通はできない。せっかく入った会社なのに,と思ってしまう。それができるかできないか。まず,できるほうに入っていなければいけない。それだけではっきり少数派に属することになる。

● 著者たちにしたって,おそらく夫婦2人だったからできたのであって,単独でやれたかといえば,なかなか難しかったのではないか。

● 著者たちが面白かったものが,読者にとっても面白い。というわけで,特に印象に残ったのは,キューバとサンパウロの日本人街。
 サンパウロの日本人街のとんかつ屋の親父さんは,とても魅力的だ。

● それと帰国後の日本の印象。暗ったい。洋服も地味で表情も乏しいという。
 そうですよね。特に,朝の通勤電車なんか,外国人が見たら異常事態が発生していると思うのかもしれない。
 それじゃダメなのかと言われると,どうなんだろうねぇ。昔,「日本人を幸せにしない日本というシステム」というタイトルの本があったように記憶しているけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿