2015年5月19日火曜日

2015.05.11 中村天風 『真人生の創造 中村天風講演録』

書名 真人生の創造 中村天風講演録
著者 中村天風
発行所 PHP
発行年月日 2015.04.26
価格(税別) 1,800円

● 以下に,少々多すぎるかもしれない転載。
 私は神仏というものの存在を,第二義的に人生を考えるものには必要かもしれないが,自分自身を真理に沿って正しく生かすものに対しては,既成宗教は何ら顧みる必要のない存在だという,大きな確信の下に人生を生きているものであります。(p19)
 あの病から来る苦痛に耐えかねてやっちゃった,えらいみすぼらしい憐れな心。人に侮辱を受けたより,自分自身が自分自身の心の中の憐れさを感じたときぐらい悔しいことはありません。 ここが違うんだ,あんた方と私と。あんた方は人に馬鹿にされると怒る。(p35)
 人生は,よろめきかけたところで止まっているとこにいいとこがあるね。そして向こう向く心に,「こっち向け」って向け得るようにならなきゃあかん。それを「これを怒らずにいられるか」とかね,「これを怖れないで,どないするねん」なんて。(p38)
 風邪を防ぐ一番の根本的な秘訣は,風邪をおっかながらないことだよ。「引くんなら引きやがれ,チクショーめ。風邪なんか引かされたって,こっちは引かねえから」って,こういう気持ちでいりゃいいんで,おっかなびっくりやってるとすぐ来るぜ。(p42)
 人生を本当に生きがいあるものにするのに必要な条件っていうものは,よろしいか,金の力や,あるいは名誉や地位の力や,あるいは物質の力じゃ,どうしてもできっこないんであります。また,それでできるとしたら,貧乏人にはこういう力がないはずだが,皮肉なるかな皮肉なるかな--。 ついこの間の老人の日,東京の一番長命な奴はどこにいると探したら,下谷の金杉の裏町にルンペンのおじさんで百三歳。(p61)
 我々の魂というものは,学問をしようがしまいが,そんなことは別問題。人生への真理というものをことごとくよく知ってるんですよ。本心を煥発するということは,その知ってる魂から一切を心へと引き出すということと同じことになる。(p80)
 本当の幸福というものはね,なんぞ図らん,凡人の多くが忌み嫌う苦悩というものの中にある。すなわちその苦悩を,わかりやすく言えば,むしろ楽しみに振りかえるというところにある。 もっとも普通の人は,苦悩を楽しみに振りかえるなどと言うと,「そりゃとてもたやすくできるもんじゃない」と言うでしょう。しかしです,我々は「観念要素の更改法」というのを知ってる。したがって,苦悩を楽しみに振りかえるということをさして難しいこととは思いませんわ。(p87)
 ただ感覚してる世界だけを考えて生きているからいけない。感覚しない世界,すなわち自分の生命の後ろ,見えないところにちゃんと完全であらしめようとする自己,どこまで行っても自分を完全たらしめるという力がちゃんと用意されているんだということを考えたら,なんにも悶えることも悲しむことも,怒ることもないだろ? (中略) そうすると,長くその消極的な思考と絡み合っている愚かなことをしなくなっちまうんだよ。出ることは出ますよ。(中略)それがパッと消えるんだ。(p91)
 「怒らず,怖れず,悲しまず,正直,親切,愉快」と,この「三勿三行」は,最もよい感情,言い換えれば,すべて融通性を持つ円満具足的な値の高い感情。その感情を,自然と自分の心の中から常に湧き出させしめようとするためにも,大変に必要なことなの。 理屈なしに,ただもう「怒らず,怖れず,悲しまず,正直,親切,愉快」,これを実行に移さなきゃだめですよ。(p97)
 どんな場合にも親切に,どんな場合でも愉快であるということにしましょう。そして始終,人の欠点は見ないでもって,人をほめることを心がけ,そして自分は最善を尽くそうということに努力しましょう。ね? 人を批判する間には,自分も批判されるということを考えなきゃいけないから,だから人の落ち度を発見したならば,それはもう頭から許しちまわなきゃ。ね?(p99)
 世の中によく時々予言が的中するとか言い当てるとかという人見ると,自分と全然かけ離れた人間のように思うだろ。とんでもねえことだ。同じ人間だもん。頭の中が,脳みそが別に向こうのほうが塩気が多くて,こっちのほうが砂糖気が多いわけでも何でもねえんだ。ただ彼らは先天的かあるいは何かのことによって,そういう力が啓発されただけ,訓練されただけなんだ。だからあなた方だって訓練すりゃ出てくる(p146)
 自己以外に自己の生命の支配を行なう権利を持ってるのは絶対にない。それで,その自己はなんだってことを考えてごらん。自己とは何だ。自己とは学問的な言葉を使えば「真我」と言います。本当の我。真我とは何だというと,生命の根本要素を成すところの霊魂と称する一つの気体が本当の姿だ。形はないんだよ,本当の自分というものには。(p156)
 あなた方どうしても今それを思わなきゃ,また考えなきゃ,もう一分といえども現在が過ごせないというような大事なことを現在思ったり考えたりしてるかい? たいていあんた方の腹を立てることや悲しいことや煩悶してることは,考えなくても考えてもどうでもいいようなことで,また考えても考えきれないことか,考えりゃ考えるほど自分の気持ちを悪くして,果ては健康や運命を悪くするようなことばかりじゃねえか。(p166)
 事実において人生苦というものの九割九分は,よろしいか,入念に分析してみると,心を己の生命の生きるための道具として使わないで,反対にそれに使われているがためであるんですよ。生命に対する支配権を心が持つものと誤解しているからなんだ。もっとはっきり言うと,自分というものを知らず知らず,心の奴隷にいているために,年がら年じゅう煩悶苦悩というものに苦しめられているんですよ。(p167)
 心を完全に操縦し,又これを完全に支配する威力を有するものは,実に意志なるものよりほかには絶対にない。意志なるものが,心の働きの一切を統率する最高なる統率者なんです。 そもそも意志というものは,元来真我の属性なんですから,俗に意志が強いとか弱いとかいうのは,これは意志そのものの強弱をいうのではなくして,意志の力の発現の強いか弱いかを指していってるんだよ。(p182)
 だってねえ皆さん,よく考えてごらん。例えば,自分がいくら財産をこしらえて銀行の預金帳増やしてみたところで,それがいったいどうなる? ただ観念の上でいくらか安心が行くだけでしょ。なんかの拍子でもって自分がくたばってごらん。そのカネがあったばかりにこりゃ,家族でもってお互いに諍いを初めて大騒動が起こるぜ。 だからカネなんか貯めるなというんじゃないんですけど,差し支えのないだけ以外貯めたって何もなりませんよ。(p227)
 人生は生きてる時間が極めて短いということは気がつかないでもって,朝から晩までねえ,閻魔様が塩舐めたような顔して,ちっとも愉快な気持ちを出しゃしねえ。(p231)
 現在ただ今,どんどんどんどん過去へとスピードフルにリールは回ってるんだ。それ考えてみたらば,すぐ怒ることがあるから怒るんだ,悲しいことがあるから悲しむんだ,怖れることは怖れるんだっていうようなことを言ってたんじゃ,人生に極楽は来ないぜ。(p232)
 今,私の心の中のどっかに憎んでる人がいやしないか。嫉んでる人がいやしないか,恨んでいる人間がいやしないか。そういうものが少しでもあなた方の心の中にたとえ一人でもいるような心を持っている人は,さもしい,卑しむべき下等な人だ。(p233)
 事の如何を問わず,事情のなんたるを問わずです,断然自分の心に争いの気持ちを起こさないことなんです。常に親しみ穏やかに溶け合うという和の気持ちを心に堅く持つこと。第一,この争う気持ちというのは,厳格に言うと,自己の存在とその周囲関係の貴重な因縁をいうものをないがしろにし,それを無視没却しているから起こる,極めて蔑むべき心持ちなのであります。(p239)
● 斎藤一人さんが説くところとの共通点を感じる。上の「三勿三行」は,斎藤一人さんの上気元(上機嫌)に過ごせというのと同じことだ。
 こういうものは,自ずとそうなるのだろう。行き着くところは,結局,その一点になる。

● で,それができるようになるためのメソッドを両者ともに用意しているわけだけれども,問題はそのメソッドで上手く行った例があまりないことだ。
 メソッド以前の条件があるのだろうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿