2015年5月16日土曜日

2015.05.11 尾田栄一郎 『ONE PIECE STRONG WORDS 2』

書名 ONE PIECE STRONG WORDS 2
著者 尾田栄一郎
発行所 集英社新書ヴィジュアル版
発行年月日 2014.03.09
価格(税別) 760円

● ここでも内田樹さんの「解説」が面白かった。以下に転載。
 僕は武道と能楽を稽古していますが,その分野には強い型というものがあります。その型が周りにいる人たちの身体に刻み込まれ,他人の身体にまで「感染する」,そういう力を持つ型のことです。(中略) いかに力感があふれていても,破壊力があっても,スピードが速くても「感染しない型」があります。どこか生物として不自然な動きは感染しません。(p188)
 「美しい」というよりは「強い」という印象を与える芸術作品がときどきあります。そういう作品は近づくと「身体が整う」「身体が浮く」「身体が泡立つ」など,いろいろな感触を僕に残します。誰でも同じように感じるかどうかはわかりませんが,とりあえず僕は芸術作品を身体で受け止め,自分の身体の反応に基づいて,作品のクオリティを計ることにしています。(p191)
 外部から到来したものを自分がずっと探し求めていたものだと感じて,それに一気に同化できる「被感染力」の高さこそ,他のどんな種にもまさって人類の成長と変身を可能にしたものだ(p193)
 イノセントで,(食欲以外については)無欲で,冒険への好尚と友人に対する無限責任以外に生きる上での特段の方針を持たないルフィは,その「空虚」さゆえに,世界を支える天蓋になりつつあります。なぜこの少年がその任にふさわしいのか。それは,世界のコスモロジカルな中心は「空虚」でなくてはならないからです。「クッションの結び目」と同じです。クッションの結び目は実在物ではありません。布のドレープが全部そこに集約される「空虚」です。(p195)
 「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある」というのは,ルフィという人の「強さ」のありようを語ってあまりある名言です。(中略) ふつうは逆に考えます。誰にも依存しない,誰にも頼られない,自立した人間がいちばん強い。そう思っている人がたくさんいます。もしかしたら現代日本人の過半はそう信じているかも知れません。でも,違いますよ。いちばん強いのは「あなたなしでは生きられない」という言葉を交わし合って生きる人です。 「あなたなしでは生きられない」というようなかたちで他人に依存するのは危険な生き方ではないかと思う人がいるかも知れません。その人がいなくなっちゃったらどうするんだよ,と。そのときはなんとかなるんですよ,実は。問題は「あなたなしでは生きられない(ので,死にました)」という事後的な話ではなく,「あなたなしでは生きられない(だから,死なないで)」という懇請の方なのです。(p199)
 この依存を緩和する方法が一つあります。それは頼ってくる人を頼らなくてもいいくらいに強くすることです。(中略)どうすれば人間は強くなるか。そう,「あなたなしでは生きられない」と人に言われると人間は強くなるのでした。(中略)ですから,考えれば自明のことなのですが,「あなたなしでは生きられない」という祝福に対しては「私もあなたなしでは生きられない」という祝福を返すことがもっとも効率的だということになる。(p201)
 現代の日本人のほとんどはそんなふうには思っていません。それよりは自分につがりついてきたり,懇請したりする人間をできるだけ切り捨てようとしている。扶養家族や生活保護受給者や老人や幼児のような「足手まとい」なんかいない方が生きる競争では有利になると信じ込んでいる。そのために,できるだけ濃密な人間関係を持たないようにしている。それが賢い生き方だと思っている。(p202)
 他人から依存されるときにこそ人間の潜在能力は爆発的に開花する(p202)
 ルフィが不動の船長の地位を占めている最大の理由は彼が「何かが足りない」というタイプの愁訴を(「腹が減った」と「退屈」以外)絶対に口にしないことにあると僕は思います。すべての必要はすでに満たされている。「何かが足りない」という欠落感は必ず「隙」を作り出します。「何かが足りない」というのは,文字通りそこに「隙間」があるということに他ならないからです。「何かが足りないせいで,ものごとがうまく進まないのだ」という他責的な言葉づかいで現状を説明する習慣を持つ人はやがてその「隙」をことあるごとに誇示し,ことさら大げさに語るようになります。それはほとんど自分の弱点を満天下に公開しているに等しいのですが,愚痴を言う人はなかなかそのことに気づきません。(p206)
 魚人族との戦いにおいて『ONE PIECE』で今回ルフィが直面するのは「テロリストには理があるのか?」という問題です。これはおそらく作者である尾田さん自身の問題でもあるのでしょう。 もちろん,こういう場合にもルフィには迷いがありません。彼には直感的にわかる。それはルフィの判断基準がおのれの「生身の身体」だからです。生き物として正しいかどうか,それがルフィの唯一の基準です。(p211)
 麦わらの海賊たちは「小さな義理」を重んじるけれど,「聖戦完遂」というような「大きな話」は信じません。友情は信じるけれど,イデオロギーは信じない。イデオロギーを信じないのは,どれほど整合的であっても,過激であっても,イデオロギーにはそれが生きる上でどうしても必要なのだと訴える生身の身体による支えがないからです。(p214)
● 『ONE PIECE』本体を読んでみたくなった。たぶん,読むことになるだろう。まんが喫茶かネットカフェかレンタルショップに急げ。
 既刊77巻。買って読むってことにはなりそうにないものな。読み終えたあとにブツが残るのはイヤだから。コミックは貸本屋で借りて読むって人が多いんじゃないか。

● CDやDVDについては曲がりなりにも制作者側との協議は経ていると思われる。
 が,コミックの場合はどうなのだろう。「出版物貸与権管理センター」なるものがあって,作者にお金が流れる仕組みはあるようだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿