2015年1月31日土曜日

2015.01.31 中島智章監修 『世界で一番美しい宮殿』

書名 世界で一番美しい宮殿
監修者 中島智章
発行所 エクスナレッジ
発行年月日 2014.12.01
価格(税別) 1,800円

● 馬鹿馬鹿しいほどの富の集中と,無駄な蕩尽。世界の宮殿の写真を見て,まず感じるのはそのことだ。
 もちろん,そうしてくれたからこそ,後世の人々は「美しい宮殿」を楽しむことができる。美術館や博物館になっているところもあるし,そうじゃなくてもほとんどは一般に開放されている。

● 歴史的な価値,芸術的な価値,観光資源としての価値。もし富が広く平準化していたら,こうはいかない。今頃は何も残っていないだろう。
 ではあるんだけれども,歴史に残らないのが正統なあり方じゃないか。人間も造物も。歴史に残ってしまうなんて不純じゃないか。
 そんなことをチラッと考えてみた。

● 紹介されている宮殿のうち,ミュンヘンにあるニンフェンブルク城館には行ったことがある。20年近くも前だけど。
 でかすぎて全体を把握するには,まる1日を要するだろう。疲れた記憶しかないな。こんなところで寝起きできるなんて凄いなと思ったものだった。自分だったら3日で逃げだしたくなるに違いない。

● ルーマニアの「チャウシェスクの宮殿」は1980年代に築かれた。現代でも独裁がかなうなら,宮殿はできるのだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿