2015年1月11日日曜日

2015.01.11 江國香織 『デューク』

書名 デューク
著者 江國香織(文)
    山本容子(画)
発行所 講談社
発行年月日 2000.11.01
価格(税別) 1,000円

● 可愛がっていた犬(名前はデューク)が死んでしまった。泣きながらバイトに出かけた21歳の女性が,電車の中で19歳の少年に出会う。
 1日をその少年と過ごす。犬が少年になって,今まで愛してくれてありがとう,ぼくも愛していたよ,と告げに来たのだった。
 ごく短いお話。

● 思いだした。小学生のとき,友人から子犬を譲り受けた。両親に飼ってもいいかと訊かずに。
 うちに来て,数日後にはぼくになついてくれた。学校から帰ったぼくを迎えて嬉しそうに,あるいはホッとしたように,ぼくを見あげた。あの表情は忘れない。給食の残りのパンをあげた。クンクンしながら食べた。

● が,親がその子犬をどこかに捨ててしまった。ひょっとすると,それがぼくのどこかでトラウマ(というと,大げさか)になっているかも。
 その後,動物を飼おうと思ったことはない。

0 件のコメント:

コメントを投稿