2015年1月9日金曜日

2015.01.08 小澤征爾 『おわらない音楽』

書名 おわらない音楽
著者 小澤征爾
発行所 日本経済新聞出版社
発行年月日 2014.07.25
価格(税別) 1,300円

● 2014年1月に日経新聞に連載された“私の履歴書”をまとめたもの。
 一読して感じたのは,才能や実力の他に,小澤さんが陽性の人であったことだ。明るくて可愛げがあったようだ。だから,多くの人に好かれた。
 相手の懐に入っていくのが巧いというより,入っていきやすい状況を作るのが巧かったのではないだろうか。作ると意図しなくても,自ずからできるような人だったのではないか。

● 一度目の奥さんとは,離婚した後も良好な友人であり続けたとある。ここまで人好きがするのは,天性のものとしか言えないでしょ。

● ラグビーで指を骨折しなければピアノに進んだかもしれないし,斎藤秀雄氏との出逢いがなければ,指揮者に方向転換したあとも,だいぶ異なった軌跡を残すことになっただろう。
 出逢い(事故との出逢いも含めて)を引き寄せる強運の人でもある。その強運を引きこむのは,小沢さんの熱意だったろう。

● 桐朋高校で斎藤氏にしごかれたのが,とにかく効いているように思える(思えるように書いてある)。
 数年後に,貨物船でフランスに着き,たまたま知ったブザンソン国際指揮者コンクールに出場して,優勝してしまうわけだから。

● このコンクールに出場できるまでのすったもんだも非常に面白い。ほんとに強運なんだな。諦めなければ,結果的に強運になるのかもしれないけれども,そういうことではなくて,ツイてるんだよなぁ。ツキがある。
 そのツキがずっと離れなかった人だ。それも,陽性とか可愛げとかっていう人柄の然らしめるところなんだろうか。

● カラヤンとの交流(師弟)を語っているところから,ひとつだけ転載。
 カラヤン先生は僕が立っている指揮台の真下の椅子に座り,鋭い目でじっと見ている。技術について細かいことをいわない代わり,大事にしていたのが音楽のディレクション,方向性だ。曲の中でいかに音楽の頂点を見定めて,そこへ向かうか。いかに自分の気持ちを高ぶらせていくか。途中で流れを止めず,よどみなく演奏を導くにはどうするか。そのことをカラヤン先生はシベリウスの交響曲第五番のフィナーレを使って,僕に教え込んだのだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿