2014年11月14日金曜日

2014.11.13 玖保キリコ 『電脳繁盛記』

書名 電脳繁盛記
著者 玖保キリコ
発行所 毎日コミュニケーションズ
発行年月日 1996.03.29
価格(税別) 1,200円

● 「パソコンを駆使して執筆するデジタルマンガ」ということ。手で描くより時間がかかって大変だったようだ。
 パソコンはMacintosh Quadra950。メモリは64MBに拡張してあって,編集者とのデータの受け渡しはMO。アドビのフォトショップが15万円ほどしていた。懐かしさ,満載。

● といっても,メモリが64MBでスゲーと言ってたのは,ついこの間のことのような気がする。今はデフォルトで4GBとかになっている。とんでもないことだよな。
 生意気を言わせてもらうと,ハードの急激な進歩(低価格化)にソフトが追いついていないような気もする。たしかに動画が滑らかに再生できるようになったし,同時に複数のサイトに接続して表示できるようになった。その恩恵は確実に受けているんだけれども,パソコンでできることが画期的に変わったという実感はないな。

● ソフトがハードに追いついていないんじゃなくて,ぼく自身のパソコンの使い方が,機械のスペック向上に追いついていないだけなのかもしれないけどね。
 依然として,文字ベースだからね。ぼくが今やっていることは,10年前のパソコンでも充分にできたことばかりだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿