2014年11月11日火曜日

2014.11.11 秋元 康 『秋元康アートのすすめ』

書名 秋元康アートのすすめ
著者 秋元 康
編者 美術手帖編集部
発行所 美術出版社
発行年月日 2012.02.15
価格(税別) 1,600円

● 月刊『美術手帖』の連載をまとめたもの。副題は「29人のゲストとめぐる美術館の楽しみ方」。その29人は次のとおり。
 高橋みなみ ヒロミ 彦摩呂 篠田麻里子 秋山成勲 大島優子
 リリー・フランキー 藤原ヒロシ 甘糟りり子 清川あさみ 岩崎夏海
 村上 隆 高岡早紀 勝間和代 藤井フミヤ 堤 幸彦 山口 晃
 サイトウ・マコト 宇津井 健 中井美穂 姿月あさと 伊藤英明 石橋貴明
 和田秀樹 藤岡藤巻 長島一茂 川島なお美 梅佳代 千住 明

● 現代美術ってこういうものなのかと蒙を啓かれたが,読み終えるのに1週間かかった。小さな本だけれども,だいぶ手こずった。

● いくつか転載。
 秋元 こういうのを見ると,改めて考えさせられますよ。アートとそうでないものの境目はどこにあるんだろうと。 村上 それはコンテクスト(文脈)がつけられるかどうかでしょ。秋元さんはアイドルをプロデュースするとき,どこを見て「いけるな」と思いますか? 秋元 ストーリーを紡ぐことができるかどうかだね。その人からたくさんのイメージが湧けば,いろんなことを仕掛けられる。つまり,深読みできる要素を持っている人がいいと思う。 村上 すごい! アートもまさに同じ。深読みしてもらえなかったら終わりなんです。(p90)
 秋元 アートとデザイン,作品をどちらと呼ぶにせよ,クリエイターとは「俺の才能を見せつけたい!」っていう人なんだね。 サイトウ つまりはエゴの塊。モノを生み出す人間っていうのは,そういうものでなくちゃ。(p132)
 何かを信じている人たちの,迷いのなさと潔さ。それが大きなエネルギーを生む原動力になる。(中略)信じることは,極めて主観的な行為です。客観的な立場にいては,「信じて突き進む」という態度にはなりえません。(p158)

0 件のコメント:

コメントを投稿