2014年10月19日日曜日

2014.10.18 鎌田 洋 『真夜中のディズニーで考えた働く幸せ』

書名 真夜中のディズニーで考えた働く幸せ
著者 鎌田 洋
発行所 河出書房新社
発行年月日 2014.09.30
価格(税別) 1,300円

● 河出書房新社の“14歳の世渡り術”シリーズの1冊。中学生に人生を語るというもの。

● 鎌田さんは,ディズニーランドで仕事がしたくて,紙の専門商社を退社して,ディズニーに転職した。転職できるとは限らない時期に辞めてしまったのが肝。
 その商社でも「人事異動で(営業部から)商品部という,いわば在庫管理の部署に異動になった。(中略)あとから,営業部の部長がこの異動に異議を唱えて人事部に乗り込んだという話を聞いた」(p146)というから,仕事がつまらないからディズニーに転職しようとしたわけではない。

● さらに,ディズニーにすんなり転職できたわけでもない。その間,生活費を稼ぐために,住宅販売の企業にいうなら腰かけで就職した。
 そこでも「新人にはどうにも当てにならない手垢のついた顧客名簿が渡される。(中略)これを当てにしても無駄だと思った。成績をあげるためにはどうしたらいいか,真剣に考えた。他の営業マンがやっていないこと,どうやったら新規のお客様を獲得できるかを!」(p151)という働き方をしている。

● 以下に,いくつか転載。
 人を鼓舞するためにはいろいろな方法があるが,一番の特効薬は気高き理想を臆面もなくまじめに情熱をもって伝えることだ。人は普通のことでは燃えない。まだ見ぬ理想を提示されると,それを目指して頑張れるのだ。(p97)
 ナイトカストーディアルは業務中にゲストと触れ合わないし,仕事ぶりを見てくれる上司もいない。そんな状況で仕事をしている。人は自分に関心がもたれていないと感じるのは,とてもダメージが大きいものなのだ。(p115)
 ゲストは待ってくれない。もしも君が出来ることなら君が処置をすべきだね。誰の担当とか責任とか関係ない。(p119)
 我々の仕事はパークを浄化するだけではない。人の心をも浄化するのだ。(p124)
 仕事に対するそうした真摯さが,実はとても大切なのだ。よく「運も実力のうち」だといわれるが,「よい運」は日頃の人生に対する姿勢で決まるのではないかと,最近は特に思うのだ。(p156)
 私はディズニーの世界に入ってから,人間という動物をより信頼するようになった気がする。そうすると,自分自身をも信じられるようになるのだ。(p165)
 誰かの目や評価を期待すると,その評価によって自分の気持ちが左右されてしまう。つまり,自分の感情が誰かによってコントロールされる。そうなると自分の主体がなくなってきて,まるで操り人形のように仕事をすることになる。(p169)

0 件のコメント:

コメントを投稿