2014年6月7日土曜日

2014.06.05 酒井順子・関川夏央・原 武史 『鉄道旅へ行ってきます』

書名 鉄道旅へ行ってきます
著者 酒井順子
    関川夏央
    原 武史
発行所 講談社
発行年月日 2010.12.20
価格(税別) 1,600円

● 汽車好き三人のぶらり旅というテイスト。山手線や埼京線に乗るわけじゃない。運転本数の少ない鉄道のことゆえ,事前にスケジュールをキッチリ確認しているわけで,ぶらり旅というのは事実に反する。
 が,車内や反省会での三人の会話は,いたってぶらり的。要するに,どうでもいい話。これが軽くて面白い。

● 昔,宮脇俊三さんの作品群に触発されて,JR線の全線完乗を試みたことがある。北海道,四国,九州は全部乗った。本州でも東北は民鉄も含めてすべて乗った。宮脇さんお勧めの鶴見線や,飯田線も。
 ま,でも全体の7割くらいかなぁ。それで息が切れた。時刻表を首っ引きでスケジュールを決め,とにかく効率的に乗ることだけを考える。こういうのって,今から思えば少なからず虚しかった気もするし,面白かったような気分もある。

● よかったなと思っているのは,ギリギリで青函連絡船に乗れたこと。松前線や南部縦貫鉄道など,すでに廃止された路線にも乗れた。
 もちろん,その時点で廃線になっている路線がだいぶあったんだけど。特に,北海道はね。

● これから鉄道事業体は厳しい状況に入っていくと思う。今までが楽だったということではないけれども,LCCの台頭にどう応接するか。
 特に,長距離輸送は難しくなるだろう。東京発博多行きの新幹線は消滅すると思う。新幹線が機能するのは,東京~大阪間の距離が限度になるのではないか。それだって利益を確保するのは容易じゃないかも。リニアなど無用の長物にすでになったと思う。

● 寝台特急は,北斗星やカシオペアを含めて,すべて消えると予想しておく。ずっと速い飛行機がずっと安くなるんだから。
 わずかに残ったとしても,それはお金と時間をふんだんに持っているお大尽が乗るものになるだろう。お大尽だけを相手にして利益を出せる商売は,ごく限られてくる。鉄道事業は間違ってもそれには入らない。

● とはいっても,鉄道が消えてしまうわけじゃない。短中距離,都市間輸送はそっくり残るだろう。新幹線や寝台特急ではない,普通の鈍行列車も今までどおりだ。本書で語られているような鉄道旅の楽しみは,これからも味わえるだろう。そうじゃないと困る。

0 件のコメント:

コメントを投稿