2014年6月3日火曜日

2014.06.03 番外:鞄の中のデジモノ百科 flick!特別編集

書名 鞄の中のデジモノ百科
編者 村上琢太
発行所 枻出版社
発行年月日 2014.06.10
価格(税別) 780円

● 1年前に同じ体裁の「携帯ツール百科」が出た。その続編でしょうね。「外出先でバリバリ働くモバイルの達人たちはどんなアイテムを持ち歩いているのか,鞄の中を見てみたい」という次第。
 ぼくも見てみたい。だから,この種の雑誌というかムックというか,そういうものが出ると,ま,買ってしまうよ,と。

● 著名人(タレント,モデル),エグゼクティブ(社長さん),ブロガー&ユーチューバー(おばけブログの制作者など),シリコンバレー,クリエイター(カメラマンなど),ビジネスマンの6つに一応分類されている。合計40人。

● パソコンはMacBookAirが,タブレットはiPadが,スマートフォンはiPhoneが圧倒的に多い。「取材対象の偏り」なのか,モバイルの達人にはappleユーザーが多いのか。
 たぶん,前者だと思うんですけど。

● パソコンとタブレットとスマホを持ち歩く。周辺器機も。中にはそれぞれ複数を持ち歩く人もいる。必要に迫られてということなんだろうけど,タフだなぁと思うし,大変だなぁとも思う。
 大荷物になる。重量も相当だろう。毎日,これで過ごしているのか。

● モバイルの達人は重装備。オフィス環境をそのまま外に持ちだしている。ともかく持ちだせるようになっているわけだ。
 こうしてみると,ITによってたしかに経済的な意味での生産性は上がっているんだろうなと思う。たぶん,上がっているんだろう,と。それを体現している人たちなんだろうな,と。

● ノートや手帳とペンを併せて持つ人が多い(そうじゃない人もいるけど)。モバイルの達人たちも,なんでもかんでもデジタルというわけではない。

● ちなみに,ぼくの鞄の中に入ってるモノたちは次のとおりだ。おそらく,その他大勢の平均的なものだと思う。
  スマホ1台
  通話用のガラケー1台
  スタイラスペン(雑誌の付録)
  スマホで音楽を聴くためのイヤホン
  財布(定期券も入ってる)
  バイブルサイズのシステム手帳(薄型)
  A6サイズのノート(百均で購入)
  ペン2本(1本は200円のPreppy万年筆)
  付箋(百均で購入)
  本1冊
  雑誌1冊
  禁煙用ニコレットガム
  ポケットティッシュ
  運転免許証
  部屋の鍵
 正直,これ以上のモノを持つ気にはならない。持たないですむ職業であることに感謝したいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿