2014年4月22日火曜日

2014.04.19 ベルンハルト・M・シュミッド 『世界のポスト』

書名 世界のポスト
著者 ベルンハルト・M・シュミッド
発行所 ピエ・ブックス
発行年月日 2010.12.06
価格(税別) 1,800円

● ここでいうポストとは,郵便ポストではなくて(それも少しは登場するが),個人宅の郵便受けのこと。こういうものに目をつける人がいるのだな。

● 郵便受けまではなかなかメンテナンスが行き届かない。メンテナンスの対象に含めるという発想が(少なくとも,ぼくには)ない。だいたいが屋外にあって,風雨にさらされている。
 したがって,朽ちるのも早い。朽ちたままにされる。それがまた味を出すんだね。何の変哲もない郵便受けなのに。

● 粗末なのが多い。機能一点張りっていうかね。どの国でも金属製が多いけど,木製のもある。
 中には,お金持ちの邸宅なんだろう,ライオンの顔が彫られたブロンズ製と覚しきものもある。

● ただ,郵便を楽しみに待つという生活は過去のものになりましたかねぇ。個人の信書なんて郵便物の中にどれほどあるんだろうか。たいていは企業からのダイレクトメールか,銀行の残高通知書だもんな。
 そんなこともあって,郵便受けはいよいよないがしろにされているのではあるまいか。

0 件のコメント:

コメントを投稿