2014年3月31日月曜日

2014.03.29 斎藤一人・柴村恵美子 『すべての悩みに答えます』

書名 すべての悩みに答えます
著者 斎藤一人
    柴村恵美子
発行所 KKロングセラーズ
発行年月日 2014.04.01
価格(税別) 1,300円

● サラッと読めてためになる。とんでもない生き方のノウハウが詰まっている。人に介入しようとしないこと,口ではなく巧まざる態度で示すこと,難しく考えないこと,笑顔でいること,など。
 何となく,子どもの頃には知っていたことですよ。それが思春期をへて青年期になる頃から,どこかに忘れてきてしまった。一度忘れたものを取り戻すのは,なかなか容易なことじゃない。

● 以下にいくつか転載。
 なんで仲良くしおうとするの。なんで? だって合わないんでしょ。で,嫌なやつなんでしょ。なんで仲良くするの。そんなことしてたら,人生がおかしくなっちゃうよって言いたいの。(p28)
 人のことをあんまりかまっちゃだめだよ。人には人の苦労があるの。で,その人にはその人の喜びがあるの。だから目が行くんだったら,その人のしあわせな部分に目が行くようにしな。困っている部分が目が行っちゃだけだよ。困っているなっていう目で見ると,相手がその波動まで背負って,余計に困るからね。(p44)
 女の社員っていうのはな,社長に惚れてりゃいいんだよ。掘れた人のためには一生懸命やるんだから,魅力的な社長になったほうがいいよな。(p54)
 かっこいい人は何を着ててもかっこいいの。それを,男ぶりっていうの。で女は女ぶりなの。だからもてる人は,縁台でステテコで,ビール飲んでたって,もてるの。かっこいい人は何してもかっこいいの。(p85)
 俺はしあわせで,元気なの。俺が向こうに近付いちゃだめなの。向こうが一歩でも半歩でも俺に近付くの。(p112)

0 件のコメント:

コメントを投稿