2014年3月12日水曜日

2014.03.12 ジョルニ編集部編 『いつまでも愛用したいステーショナリーBOOK』

書名 いつまでも愛用したいステーショナリーBOOK
編者 ジョルニ編集部
発行所 実業之日本社
発行年月日 2012.05.01
価格(税別) 1,500円

● 手堅さで車を選べば日本車。が,ドイツ車やイタリア車には,扱いづらくてもそれを上回る魅力がある,とも言われる。その魅力とは何なのか。乗ってみなければわからないものだろう。
 文具にも同じことが言えるかもしれない。色づかいやデザインで,国産メーカーにはない発想のものがある。その中で,比較的日本人に受け入れられやすいものは輸入されるけれども,日本に入ってきていないものの中にも,面白いものがあるに違いない。
 本書は国内外の文具メーカーを紹介。目の保養に見てみるのもいいでしょうね。

● ぼくは,ごくつまらない性格で,車は当然にして国産。パソコンはWindows。大衆路線を行っている。冒険しない。文具もぜんぶ国産。
 すべからくそうで,そのうえケチと来ている。モレスキンは使ったことがないけど,ダイスキンには飛びつく。
 要するに,絵になりそうなものは何ひとつ使っていない。まぁ,何とつまらないこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿