2014年2月17日月曜日

2014.02.17 番外:Associe 2014年3月号-ひらめき脳は作れる!

編者 坂巻正伸
発行所 日経BP社
発売年月日 2014.02.10
価格(税別) 600円

● ひらめきの達人のご紹介が,内容のメイン。次の人たち。
 山田いずみ:女子ジャンプ競技コーチ
 麻生哲朗:CMプランナー 渡辺謙を起用したdocomoのCMを作った人
 殿村美樹:TMオフィス
 信藤洋二:資生堂宣伝制作部
 伊藤美恵:ワグ社長
 萩原史雄:赤城乳業マーケティング部
 北岡慶子:パナソニック・ビューティ・リビング事業部
 下遠野亘:スパイクワークス
 青井宏和:コクヨS&T
 遠藤 慎:キングジム
 岩原佳乃子:森ビル
 水谷健彦:JAM
 杉本真樹:外科医
 縣 俊貴:ヌーラボCTO
 イセオサム:ハロ/オモロキ
 新明 智:ウェルセルフ
 芳野泰崇:KAZASU
 秋元一彦:KAZASU
 池口龍法:僧侶
 三遊亭白鳥:落語家
 中川 淳:中川政七商店
 佐藤祐輔:新政酒造
 小椋道太:青二才代表
 生駒龍史:SAKELIFE

● それぞれが,企画の技法について語る。なるほどと思いながら読むことになるわけだけど,基本は四六時中そのことを考え続けるということ。そこから先は,流儀の問題という感じ。
 四六時中考えることをしないで,技法でどうにかなるかといえば,どうにもならない。

● ゆえに,「あなたにも,できる!」と題された技法解説の部分はパス。読んでもしょうがない。読むとしても,ナンセンス記事を楽しむつもりで読むものでしょうね。

● 第2特集は「ひらめき文具」。“ひらめきに一番大事なのは,スペック云々ではなく,「その文具が好きかどうか」”とあって,これが結論。
 とはいえ,面白文具がたくさん紹介されているから,ぼくはけっこう楽しめた。

0 件のコメント:

コメントを投稿