2014年2月15日土曜日

2014.02.14 松浦弥太郎 『センス入門』

書名 センス入門
著者 松浦弥太郎
発行所 筑摩書房
発行年月日 2013.02.25
価格(税別) 1,300円

● 若い人に生き方を説いている。センスはイコール生き方というのが,著者の捉え方のようだ。まったくそのとおりで,生き方に根ざしていないセンスは,しょせんは付け焼き刃だろうと思う。
 ファッション雑誌をながめていればセンスが良くなるという話じゃない。

● 京都の高級旅館に行け,文化財を見ろ,私設美術館に親しめ,というのは具体的な提言。さて,栃木にはそうしたものがあるだろうかというと,もちろんある。美術館では足利の栗田美術館が著名だと思うんだけど,行ったことはない。
 要するに,この方面,ぼくはまったくダメだ。ダメだといって何もしないのは,本書の説くところにしたがっていないってことになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿