2014年2月12日水曜日

2014.02.11 日下公人 『日下公人が読む2014年~ 日本と世界はこうなる』

書名 日下公人が読む2014年~ 日本と世界はこうなる
著者 日下公人
発行所 WAC
発行年月日 2013.12.05
価格(税別) 1,300円

● 官僚に手厳しい。著者は長銀から経済企画庁に出向したこともあるし,政府審議会の委員もやっていたから,そこでイヤな目に遭ったのかと思いたくなるほど。
 中国にいままで金をつぎ込んで企業が損害を出してきたのは,経営者の判断に問題があったので,日本国家の問題ではない。しかし,その判断を後押ししたのは,通産省である。 三井物産のIJPCの例ではないが,乱費して,ドブに捨ててきたお金が日本ぐらい多い国は世界中にない。(p45)
 危機管理の対処の仕方でも,外務省が海外でほんとうに日本人のために働いているのかは疑問である。(中略)危機があると,民間人を置き去りにして,真っ先に逃げ出すのが日本の大使や日本人の大使館のスタッフである。 外務省の人は,大体が無責任なサラリーマンの集まりで,建前ときれいごとばかり言っていて仕事を逃げる。民間の権利が侵害されたことに対しては,「民間のことは民間で」と言う。避難命令も「企業の判断である」などと責任を押しつける。(p74)
 東日本大震災時のトモダチ作戦のときのアメリカ軍も日本国民や自衛隊には大きな刺激だった。 現地に到着した米軍と自衛隊の最初の打ち合わせに際し,官僚化した自衛隊の上層部は,二時間を超える現状説明をして米軍をイライラさせた。 アメリカ軍司令官が,「打ち合わせは,明日から十五分以内としよう」「会場外のたくさんのテントは何をしているのか」と言うと,自衛隊上層部は,「おもてなしのために温かい食事をつくっています」と答えた。アメリカ軍司令官は,「作戦中の軍隊は,温かい食事などはとらない。すぐに作業に出発しよう」「用意したものは被災者に配れ」と言ったという。 そんなわけで,自衛隊は目が醒めたらしい。(p171)
● それよりも官僚的なるものに対して手厳しい。
 もともと将来予測は外れやすいのである。したがって,計画化すれば無駄がなくなるというのはウソで,将来の需要に向かっての投資や技術開発や生産の拡大は,国民大衆の百花斉放的な自由消費についていくのが正しいのである。自由消費を無駄と考える国の計画的な未来開発は,たいていが壮大な無駄に終わる。(p106)
● 中国に対する見方も同じ。
 中国に対する甘やかしは,戦後の経済援助だけではない。終戦時に日本が中国に投資した財産を置いてきたこともそうである。その財産を中国側に「買い取れ」と言わなかったのがおかしい。(p52)
 世界の国々は,日本を尊敬する国と,下手に出れば出るほどつけ上がるばかりの国の二つに分かれてきた。(p62)
● 学者もダメ。
 自分で稼いだ経験がない官界,学界,言論界の人たちは,損益計算ができないので,単に規模の大小を見ての話をする。「安売りしてでもたくさん売れ」である。そんな人に対しては「日本国を安売りしないでくれ」と言いたい。(p84)

0 件のコメント:

コメントを投稿