2014年1月12日日曜日

2014.01.11 ダライ・ラマ十四世 茂木健一郎 『空の智慧,科学のこころ』

書名 空の智慧,科学のこころ
著者 ダライ・ラマ十四世
    茂木健一郎
訳者 マリア・リンチェン
発行所 集英社新書
発行年月日 2011.10.19
価格(税別) 700円

● ダライ・ラマ十四世の法話と,茂木健一郎さんとの対談を収めている。法話の内容はよくわからなかった。対談の方も,両者の舌鋒鋭く切り結ぶというふうには,当然ながらなりにくい。
 法王猊下は闊達で活力に満ちた方に違いないと思うのだが,活字でそれを十全に伝えることは難しいだろう。

● 対談の最後に,猊下が日本の若者たちにアドバイス。
 日本の皆さんは,よりよき世界を築いていくために,はかり知れない貢献ができる能力を持っていると思います。それは,原爆をはじめ,多くの苦しみを実際に体験されているからであり,高い教育レベルによって,充分な知識と教養を備えているからです。 その能力を発揮するためにも,私は二,三年前から,特に若い世代の日本の人たちに,是非英語の勉強に力を入れるように催促しています。そうすれば,皆さんは世界のためにより大きな貢献ができるからです。そうでなく,日本の中にだけとどまっていて,日本語だけをしゃべり,あれこれ文句ばかり言っていたのでは,あなた方の素晴らしいエネルギーと知性が無駄になってしまいます。(p177)

0 件のコメント:

コメントを投稿