2013年12月26日木曜日

2013.12.22 番外:別冊宝島2105号-成果を出している人がやっている超手帳術2014

編者 井野良介
発行所 宝島社
発行年月日 2014.01.12
価格(税別) 933円

● 43人の手帳とその使い方をインタビューして掲載。かなりの力作だと思う。

● どんな手帳を使うか。どう使うか。人の数だけ答えがある。
 忙しい人と暇な人(正確にいうと,自分は暇だと思っている人はいないもので,忙しいと思っている暇な人,ということになる),男性と女性,営業職と事務職,学生と社長さん,その他,その他。それぞれ,違って当然だもんね。

● しかし,なんですね,手帳を使いこなすっていうのは,幻想ですかねぇ。ここに登場する人たちも,まだまだ工夫の余地があると思っているんだろうなぁ。
 完成形はないものでしょうね。むしろ完成を目指してはいけないものですか。ほどほどのところで良しとしておかないと,労力が効果に見合わないものになる。完全指向はストレスを産むだけでしょうかね。

● ぼくは,ずっと「Bindex」のウィークリーを使用している。管理を要するほどのスケジュールは抱えていない。いわゆるログを記録している感じ。
 いまどきだと,たいていのところでは,ネット上に自社用のグループウェアを用意しているだろうから,基本,それを使うことになるし。

● 手帳とは別にノートも携帯している。だったら,手帳は要らないかなと思うことはある。スマホも使ってるんだから,デジタル化しちゃってもいいよな。
 ところが,そうはいかない。紙の一覧性,取り回しのしやすさ,機動性は,たぶんデジタルをしのぐだろう(デジタル化したことがないから,比較はできないんだけど)。

● 紙の手帳で唯一心配なのは,生前に処分できるかってことだけだ。手帳,ノート,蔵書。そういうものは遺族に残しても迷惑なだけだと思っているので,生きてるうちに処分しなきゃいけないんだけど,どうもできる自信がない。

0 件のコメント:

コメントを投稿