2013年11月22日金曜日

2013.11.20 読売新聞政治部 『安倍晋三 逆転復活の300日』

書名 安倍晋三 逆転復活の300日
著者 読売新聞政治部
発行所 新潮社
発行年月日 2013.09.25
価格(税別) 1,400円

● 民主党政権末期に,自民党総裁に安倍さんが選出され,衆院選,参院選と続く半年あまりの軌跡をまとめたもの。
 その間,維新の会の花火のような躍進と退勢,日銀総裁の交代,TPP問題などなど,脇役も多彩に登場した。それらをまとめただけで,充分に読みごたえのあるノンフィクションになる。

● 本書で最もつまらない文章は「おわりに」に登場する。「参院選の与党圧勝を伝える当日の紙面(7月22日付読売新聞朝刊)で,筆者は次のように書いた」という,「次のように」の記事だ。
 正論というかわかりきったことの羅列。批判されようのない内容。ということは,空疎で情報量がゼロの文章。こういう文章の居場所がまだあるのだとすれば,新聞が衰退するのも当然かなぁ,と。

0 件のコメント:

コメントを投稿