2013年11月4日月曜日

2013.11.02 リチャード・マクドナルド 『世界がもし100年の物語だったら』

書名 世界がもし100年の物語だったら
著者 リチャード・マクドナルド
    佐藤ヤエコ(絵)
訳者 宮田柄午
発行所 夏目書房
発行年月日 2002.03.08
価格(税別) 900円

● 『もし世界が100人の村だったら』が地理編だとすれば,こちらは歴史編。

● で,圧倒的に地理編の方が面白いですな。
 歴史編においては,恐竜が登場するのは95年目で,人類が登場するのは99年目の12月から。いわゆる歴史が始まるのは,大晦日からってわけだから。

● それまでは何にもない。ってことはないわけだけど,茫洋としていてね。

0 件のコメント:

コメントを投稿