2013年10月12日土曜日

2013.10.10 斎藤一人 『人生に成功したい人が読む本』

書名 人生に成功したい人が読む本
著者 斎藤一人
発行所 PHP
発行年月日 2013.03.27
価格(税別) 1,500円

● 生きていくうえで大事なことが満載されている。便宜上,次の8つに分けて転載。8つは相互に絡んでて,分けてはいけないものかもしれないんだけど。

● まずは,この地球は「行動の星」だということ。動かなくちゃ始まらないよ,と。

● 二番目。ナメられちゃいけない,ってこと。
 人間ってね,なにをするのにも,オドオドしてちゃダメなんだよ。(中略) いや,心はオドオドびくびくしててもいいの。「なんともないよ,平気だよ」っていうフリだけでいい。他の人があなたを見たときに,あなたが堂々としているように見えればいいの。どうせ,他人の心のなかを見透かすことはできないんだから。(p72)
● 三番目。人を変えることはできない,自分が変われば人も変わる,ということ。
 人は変えられないの。変えられるのは,自分だけ。自分の持ちゴマは自分だけなんだよ,わかるかい? あなたが成長するために,神さまが問題をくれるの。で,ゼッタイ,ダメなのが「相手が変わってくれないかな」と思うことなの。これはゼッタイ,ダメなの。これ,もう,ルール違反なの。(p134)
● 四番目。仕事は難しくない。
 仕事はね,みんなが思うほど難しくない。世の中は意外と甘いの。 本当だよ,世間をよく見てごらん。 たいていの人は,とくべつ,本を読んで勉強するとか,そんなに努力していないよ。学生時代,散々勉強してた人間だって,社会に出るとなぜかピタッと勉強を止めちゃうんだよ。そういう人でも,社長をやってたり,管理職だったりする。いや,全員が勉強しないんじゃないんだよ。でもね,ほとんどの人がやらないから,社会に出てからも勉強してるとゴボウ抜きなんだよ。(p13)
● 五番目。身なり(外見)が大事だってこと。
 いつも身なりでも,なんでも,ちゃんとしてね。高そうに見える時計でもして,「仕事は,山ほどくるんです」みたいな顔をしてるの。 じゃなかったら,ハダカで戦に出かけるのと同じ,やられるゾ。(p75)
● 六番目。好きなように生きること。
 好きなものとか,やりたいことは減らす必要ないよ。逆に,段々,増やしていくの。 だって,「自分の好きなこと,やっちゃいけないんだ」とか,「ガマンしなきゃ」と思っただけでもね,人って,元気なくしちゃうんだよ。(中略) 好きなものに囲まれて,やりたいことをやっていたら,人って,しあわせなの。人間なんて,そんなもの。しあわせって,その程度のことだよ。(p16)
● 七番目。私にはできない,しかし私の脳にはできる。
 自分には,どうしたって,答えを出せないような気がするんです---あなたが出せなくたっていい。脳にまかせておけば勝手にやってくれるから,いいんです。 知ってる人もいると思うけど,「牽引の法則」というのがあるんだよ。 人間の脳には,コンピュータを凌駕する,ものスゴい力がある。自分が思っていることを引き寄せる力を持ってる。いいことでも,よくないことでも,思ってることはなんでも実現しちゃうんだよ。だから,「自分にはできないけど,脳にはできる!」。しやって,自分の脳にいい聞かせるの。そしたら,本当に脳にはできる。(p12)

0 件のコメント:

コメントを投稿