2013年8月12日月曜日

2013.08.11 荒俣 宏 『すごい人のすごい話』

書名 すごい人のすごい話
著者 荒俣 宏
発行所 イースト・プレス
発行年月日 2013.04.24
価格(税別) 1,600円

● 著者と15人のその道の専門家との対談。その15人は次のとおり。
 竹村公太郎:土地からの発想
 西成活裕:渋滞学
 高田礼人:ウイルス
 板見 智:毛髪
 鈴木一義:幕末大名
 林 公義:天皇陛下の自然学
 船曳建夫:演歌
 町山智浩:コミック王国アメリカ
 鈴木 晃:オランウータン
 小松正之:クジラ
 福岡伸一:生命
 浜辺祐一:人の死に方
 迫慶一郎:中国での街づくり
 四至本アイ:近代日本の大きな障害
 早坂 暁:四国遍路

● どれも面白い。世の中には頭のいい人がいるもんだ。おかげでこっちまで賢くなったような気がするが,もちそんそれは錯覚だ。
 読書は一夕の歓を尽くすためのものだとすれば,本書は絶好のアイテムといえるだろうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿