2013年8月12日月曜日

2013.08.09 筒井康隆 『偽文士日碌』

書名 偽文士日碌
著者 筒井康隆
発行所 角川書店
発行年月日 2013.06.25
価格(税別) 1,600円

● 著者自身が書いているように,著者の年齢でこれだけ仕事をしている作家は,他にはいないだろうな。役者と作家の両方をやっているわけだから,テレビの仕事もある。とんでもない仕事量だ。
 食事の描写がたくさん出てくる。美食家だし,煙草は喫うし,酒も呑んでいる。それでこれだけの仕事をする。働き盛りの企業戦士さながらだ。稀有な「後期高齢者」だ。

● 特に羨ましいのは,親族との国内旅行。贅沢だよね,これ。ファーストクラスに乗って,海外大名旅行をするより,ずっと高級な感じがする。
 それも仕事をしていればこそで,いくらお金があっても,こればかりやっていたんじゃ,ここまで読ませる内容にならないんじゃないかと思う。

● ひょっとして偽悪を混ぜ込んでいるところもあるのかなぁ。あまりそれは感じなかったんだけど。
 ひとつ困ったことが発生した。本書を読むまで禁煙中だったんだけど,本書を読んでる最中についに煙草を買いに走ってしまったんだよねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿