2013年6月17日月曜日

2013.06.14 永江 朗 『そうだ,京都に住もう。』

書名 そうだ,京都に住もう。
著者 永江 朗
発行所 京阪神エルマガジン社
発行年月日 2011.07.20
価格(税別) 1,400円

● 著者は京都に家を買うことにした。その理由から,実際に完成するまでの経過を詳細に綴ったもの。もちろん,単なる経過報告ではなく,読みものとしても充分に楽しめる。

● 売りに出ていた町家を買って,リノベーションすることになるんだけど,不動産屋,設計技師,工務店とのやりとりが,とても面白い。
 その面白さを支えているのが,著者自身の関与の深さだ。細部までゆるがせにしないんですね。こだわりを貫くというか。自分なら白紙委任しちゃうだろうなぁと思うんですけどね。

● 京都に住みたいと思ったそもそもの理由は,茶室が欲しいってこと。それだけだったら,別に京都じゃなくてもいいわけだけど,そこはそれ,いろんな偶然や成り行きがある。
 著者もまた普段の生活っていうか,食べることや住まうことを,ゆるがせにしないタイプ。だから面白いわけで。なんでもいいや,っていうんじゃね。

0 件のコメント:

コメントを投稿