2013年5月23日木曜日

2013.05.17 飯田史彦 『生きがいの創造Ⅴ』


書名 生きがいの創造Ⅴ
著者 飯田史彦
発行所 PHP
発行年月日 2013.03.22
価格(税別) 1,700円

● こういうのって,好きな人ととことん嫌う人と,両極端に分かれるんだろうな。
 人は自分の人生を自分で決めて(計画して)生まれてくる。したがって,耐えきれないような状況には遭遇しない。
 死んでも魂は不滅。光になって永遠に不滅(また生まれてくる?)。
 というわけだからね。

● 著者も言っているように,使えると思えば使えばいいのだろう。功利的に判断すればいい。実際,この本を読んで救われないまでも,荷が軽くなったと感じた人はたくさんいるかもしれない。
 ぼくはといえば,わりと読む方なんですよね,この手のものを。

● 養老孟司さんなんかは,こういうものにはまったく否定的なはずだと思うけど,養老さんがお書きになるものも面白い。
 面白く読めるものが読むに値するものだと割りきっている。何かを学ぶ,何かを得るための読書があってももちろんいいけれども,基本,読書は消費だと思うから。

0 件のコメント:

コメントを投稿