2013年5月2日木曜日

2013.05.02 池波正太郎 『正太郎名画館』


書名 正太郎名画館
著者 池波正太郎
発行所 河出書房新社
発行年月日 2013.04.30
価格(税別) 1,600円

● 初出は1977~84年。当然,本書に登場する映画たちは,40年近くも昔のものってことになる。数は少ないけれども,ぼくも見た映画も出てくる。
 のだが,正直,懐かしいという感じはしない。さほど映画が好きじゃなかったのだろうな。

● 名画座で3本立てを見続けた数年間があるにはあったんだけど,鮮烈に記憶に残っている映画ってない。当時の流行スタイルに乗ろうとしてただけなんだろう。映画を見る自分ってどうよ,かっこ良くない,ってね。

● しかし,池波さんは,当然ながら,そうではない。夥しい量の映画を見続ける。主には配給会社の試写室で。
 これだけ見てるんだから,玉石混淆だったに違いないのだが,池波さんは貶しっぱなしにはしない。どんな映画でもどこか一箇所はほめている。
 芝居の演出も手がけていた人だから,映画もまた演出に注目する度合いが高かったようだ。もちろん,脚本への目配りも。

● 職業ゆえ,細部をキチッと捉えていると思われる。それをギュッと凝縮して,簡素な文章に反映させているのはさすがというべきでしょう。短い文章の積み重ねなんだけど,盛られている情報量はとんでもなく多い。
 問題は読み手であるこちら側が,その情報量のどこまでをキャッチできているか,ってこと。

● ちなみに,「エマニエル夫人」。シルビア・クリステルが主演したやつ。ぼくも見たんですけどね,つまらなかった記憶しかないんですよね。たんなるポルノとしか思えなかった。
 いまどきのAVの方が,よっぽど鑑賞に耐えると思うんだけど,今,見直せば印象が変わるのかなぁ。見直す気にもなれないけれど。

0 件のコメント:

コメントを投稿