2013年4月30日火曜日

2013.04.30 森 博嗣 『工作少年の日々』


書名 工作少年の日々
著者 森 博嗣
発行所 集英社
発行年月日 2004.07.30
価格(税別) 1,500円

● 工作少年だった日々のことを書いているのではなく,今現在の自分を工作少年と呼んでいるわけだ。著者の今の暮らしを綴ったものだ。
 工作への傾倒がハンパない。やってみろと言われたって,できるもんじゃない。

● しかし,世の中にはできる人がいる。それを分けるものって何なんだ。遺伝子か,幼少時の環境か。そういうわかりやすいものでもなさそうだけど,ほんと,何なんだろうねぇ。

● ワープロを使っていると,漢字を忘れてしまうとか,文字が書けなくなる,などというけれど,忘れてしまえば良いではないか,とか,なにかというと「健康が一番」と口癖のように言い続け,毎朝欠かさずに散歩に出かけ,健康食品などにも気を遣っている人間ほど,どうもコンテンツがない,とか,実際に今よりも沢山の時間があっても,結局,できることは大して変わらないのでは,とか,ハッとさせられる指摘がたくさんある。

0 件のコメント:

コメントを投稿