2013年4月13日土曜日

2013.04.13 ジェラール・ジュファン 『音楽家の家』


書名 音楽家の家
著者 ジェラール・ジュファン
    クリスティーヌ・バスタン(写真)
    ジャック・エヴラール(写真)
訳者 博多かおる
発行所 西村書店
発行年月日 2012.12.13
価格(税別) 3,600円

● 音楽家が住んだ家とその家がある場所を,文章と写真で紹介。副題が「名曲が生まれた場所を訪ねて」。

● 取りあげられている作曲家は23人。ロシアの作曲家はいないけれども,錚々たる顔ぶれを網羅している。
 ヨーゼフ・ハイドン
 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
 フランツ・シューベルト
 エクトール・ベルリオーズ
 オーレ・ブル
 フレデリック・ショパン
 フランツ・リスト
 リヒャルト・ワーグナー
 ジュゼッペ・ヴェルディ
 ヨハン・シュトラウス2世
 ヨハネス・ブラームス
 ジュール・マスネ
 エドヴァルド・グリーグ
 ヴァンサン・ダンディ
 エドワード・エルガー
 ジャコモ・プッチーニ
 カール・ニールセン
 ジャン・シベリウス
 フランツ・レハール
 モーリス・ラベル
 マヌエル・デ・ファリャ
 フランシス・プーランク

● 写真を見てため息をつくための本かと思うが,文章もそれぞれの作曲家の小伝になっていて,いずれも興味深く読むことができた。
 訳者の博多かおるさんは,東京外大の准教授で近代フランス文学の専門家だけれども,かたわら「音楽家として活動を行い,カンヌ音楽院ピアノ科およびフランス国立ローマンヴィル音楽院ピアノ科・室内楽科を一等で卒業後,ポルトガルのベルガイシュ芸術センターでマリア・ジョアン・ピリスに師事。国内外の演奏会に出演している」という人。

0 件のコメント:

コメントを投稿