2013年4月10日水曜日

2013.04.10 立花 隆・薈田純一 『立花隆の書棚』


書名 立花隆の書棚
著者 立花 隆
    薈田純一(写真)
発行所 中央公論新社
発行年月日 2013.03.10
価格(税別) 3,000円

● 広く浅く,狭く深く。たいていどっちかだと思うんだけど,広く深くという稀有な例が立花さん。哲学,宗教,歴史,文学から政治,経済。量子論から宇宙科学,生命科学。美術,音楽,写真。この世の森羅万象のことごとくを深く極めて飽くことがない。
 聖書やコーランを言語で読むために,ギリシア語,ラテン語,アラビア語,ペルシア語,ヘブライ語まで勉強したというんだから,この人の頭はどうなっているのか。

● 立花さんがやった仕事は,基本的にはリサーチといっていいんでしょうか。ジャーナリストとしての多くの仕事を含めて,既存の情報を駆使して(もちろん,緻密な取材もして)なしとげたもの。しかし,それは立花さんでなければできなかったもの。
 最近は,かつての切れ味が鈍ったとか,ちょっと舞いあがりすぎたとか,っていう言われ方もされることがあるようだけど,本書に目を通せば,現在の学問や科学の状況をひととおり俯瞰できる。現代諸学便覧とでもいえばいいか。

● 薈田さんが撮影した書庫の写真も圧巻。ほとんど図書館だもんね。それも小さな町の図書館ではなくて,かなり大きな市の市立図書館ほどの蔵書数になっているだろう。これを個人でやったってのがねぇ,あり得ないでしょ,普通。
 これだけ買ってこれだけ読んだ人が,人格円満,品行方正のはずがないでしょうね,たぶん。そんな枠に収まっていたら,とてもこれだけのコレクション?は残せない。

● どうもわからないんだよなぁ。この人,読んだだけじゃなくて,大学時代は映画館に入り浸っていたっていうし,音楽聴きまくり,美術館に行きまくり,そして仕事として文章書きまくり。
 そんなことが何でできるのかねぇ。といっても,現にこうして実物が目の前にあるわけなんだけどさ。

● あと,気になるのは,彼が死んだらこの膨大な本はどうなるんだろう,ってこと。記念館にでもなるのかねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿