2013年3月28日木曜日

2013.03.28 中谷彰宏 『もう一度会いたくなる人の聞く力』


書名 もう一度会いたくなる人の聞く力
著者 中谷彰宏
発行所 PHP
発行年月日 2012.09.26
価格(税別) 1,200円

● 中谷さんを嫌う人,けっこう多いでしょうね。この種の本を数え切れないほど出している。活字をスカスカに組んで,本数をたくさん出す。それで「作家」と自称する。「作家」はないだろう,ってね。

● でも中谷さんの本は出せば一定数売れる。彼のファンはナカタニアンというんだそうだ。そのナカタニアンがマーケットを支えている。

● でもね,言っていることはしごくまっとうですよね。たとえば,次のようなこと。
 クレームを聞く時,「大問題が起こってしまった」というとらえ方は間違いです。「散歩が足りないんだな」と思って話を聞くことです。これはクレームだけでなく,怒っている相手への話の聞き方です。上司の説教も同じです。上司が説教するのは散歩が足りないのです。散歩をさせてあげるぐらいのつもりで聞くことです。クレームは筋道で聞く必要はありません。怒っている相手のロジックを聞かなくていいのです。(p124)

0 件のコメント:

コメントを投稿